ニュース

米国男子シェル ヒューストンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 シェル ヒューストンオープン
期間:04/03〜04/06 ゴルフクラブ・オブ・ヒューストン(テキサス州)

中断しての治療に、石川遼は「珍しい」 ハリントンは「よくあること」

「シェル ヒューストンオープン」2日目、石川遼と同組で回るパドレイグ・ハリントン(アイルランド)が、握ったドライバーから手を離し、グローブを外し、手の指を伸ばし始めたのは残り4ホールとなった15番(パー5)でのこと。

後続組をパスさせ、トレーナーの治療を受けるために30分近くその場に留まった。石川は「珍しい状況」と戸惑ったが、一方のハリントンは「ヨーロッパではよくあること。一年近く首を痛めていたときは、常連だったよ」とこともなげに振り返った。

ハリントンの説明によると、痛みは無かったものの、「バックスイングをしようとすると、中指にまったく力が入らなくなった」という。その後の4ホールは「その指で握ることもしなかった」という状況で回り、2ボギー1トリプルボギーを叩いて、2日間で大会を去ることになった。

「今になって、バックスイングでどこに力を入れていたか分かったよ」というハリントンだが、“そこはちょうど力を入れる箇所なのか?”という記者の質問に「そのことは考えたくない。我々がやってはいけないことの1つは、グリッププレッシャーを意識することだから」と、明言することをためらっていた。(テキサス州ヒューストン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 シェル ヒューストンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。