ニュース

米国男子バルスパー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 バルスパー選手権
期間:03/13〜03/16 イニスブルックリゾート(フロリダ州)

64位→5位 歴代覇者のグーセンが大爆発

2014/03/16 08:25

ムービングデーの穏やかな朝に、レティーフ・グーセン(南アフリカ)が急浮上を遂げた。フロリダ州イニスブルックリゾートで開催中の「バルスパー選手権」3日目を、3オーバーの64位タイから出ると、中盤から一気に7バーディを奪って通算4アンダー。ジョン・センデン(オーストラリア)と並ぶベストスコア「64」をマークし、首位のロバート・ガリガスに4打差の5位タイに詰め寄った。

「昨日は良いプレーをしていたんだけど、パットがまったく入らなかった」というグーセンのイライラは、全体の2組目で出たこの日のスタート直後も同じだった。6番までチャンスがありながら、パーが並ぶ展開。しかし「(キャディの)マークに『全然入らない』って言ってたんだ。でも7番で突然入って、事が始まったよ。やっとだ。4.5メートルの大きなフックラインを沈めてから、急に“カップが大きく”なった」と、いきなりエンジンがかかった。

その7番から3連続バーディ。さらに第2打をピン手前2メートルに付けた12番から2連続。難易度の高い終盤3ホール“スネーク・ピット”の入口16番では花道から「あれはボーナス」というチップインバーディ。そして17番(パー3)では4番アイアンでのティショットを1メートル強につけ、ギャラリースタンドは大騒ぎになった。

驚くべきはこれだけ量産したバーディが、パー5では一度も獲れていないこと。2003年、09年大会を制しているベテランは「このコースはトリッキー。ピンサイドにグリーンを外したら、パーセーブが一気に難しくなる」と言うが、「グリーンが本当にきれいな午前中のプレーで良かった」と好条件を見事に活かした。

全米オープン2勝のメジャー王者。しかしここ数年は腰痛に苦しんできた。12年「全米プロ選手権」後には椎間板の手術を受け、戦線離脱の苦しみも味わったが今年1月の「ソニーオープンinハワイ」で8位に入るなど、復活の道を歩んでいる。

正午になる前のホールアウト直後「今日の終わりに、リーダーボードの上位にいたら、チャンスだ。ここ何年かは最終組の近くでプレーしていないからね。明日そうなれば嬉しく思うよ」と話した。土曜日はトップから2組目、そして日曜日は最終組の3つ前の組でプレーする。(フロリダ州タンパ/桂川洋一)

関連リンク

2014年 バルスパー選手権

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~