ニュース

米国男子ISPSハンダ ゴルフワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ISPSハンダ ゴルフワールドカップ
期間:11/21〜11/24 場所:ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)

15位の石川遼 ガンガンいかず「ガマン、ガマン」

オーストラリアのロイヤルメルボルンGCで開催中の「ISPSハンダワールドカップ」2日目。13位タイから出た石川遼は3バーディ、3ボギーで回り、2日連続の「71」で通算イーブンパーの15位タイでトーナメントの後半戦を迎えることになった。

初日よりも風が収まり、チャージをかけるには絶好のコンディション。石川は2番(パー5)で早速2メートルを沈めてバーディを先行させた。4番では、5番ウッドでの第1打を右に吹かしブッシュに打ち込むと、2打目でも出せず、グリーンに乗せるのに4打を要した。しかし続く5メートルの強烈なスライスラインを沈め、ガッツポーズのボギー。勢いを断ち切ることなく、6番では右から7メートルを沈めてバーディとし、11番で3つ目。2アンダーまでスコアを伸ばし、リーダーボードの上位に名前を掲げた。

ところがこの日は前日とは一転して、終盤に後退した。14番(パー3)を3パットボギーとすると、続く15番(パー5)ではティショットでフェアウェイをとらえながらも、ライが強いつま先上がりで第2打は右サイドのバンカーへ。4オン2パットとして2連続ボギーを叩いた。

アンダーパーを逃した悔しさは残る。しかしホールアウト後、冷静に振り返ると「ところどころミスがある中で、なんとか我慢できた。基本的に我慢が必要。ガンガン行けるコースではない。2日間耐えたと思う」と自らに言い聞かせるようにも話した。

団体戦では谷原秀人がこの日「67」をマークして、日本代表は通算3アンダーの3位タイに浮上した。「とにかく足を引っ張らないように。まずは(2人とも)我慢、我慢で良いと思う。谷原さんがハマった(ビッグスコアを出した)時に、僕が我慢しないといけない。チャンスはあると思う」。

大崩れだけは許されない。丁寧なジャッジを続けながら、虎視眈々と爆発の時を待つ。(オーストラリア・メルボルン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ISPSハンダ ゴルフワールドカップ

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!