ニュース

米国男子フライズドットコムオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 フライズドットコムオープン
期間:10/10〜10/13 コルデバレーGC(カリフォルニア州)

石川遼、21位に踏みとどまり「充実感はある」

「フライズドットコムオープン」最終日の石川遼は、10アンダーの7位タイから上位を目指してスタートしたが、2バーディ3ボギーの「72」とスコアを落として通算9アンダー。21位タイへと順位を落として、4日間の戦いを終えた。

「結果には満足していないけど、ゴルフの充実感はあります」と自らを鼓舞した石川。この日は、序盤こそ2番、3番と連続バーディを奪ったが、その後はジリジリとボギーを重ねていった。

「今日は4日間の中でも一番うまくいかなかった日。予選を通って、そこから上にいってポイントを少しでも稼ぐのが大事だったけど、結果的にはできなくて残念です」。

だが、大きく崩れそうになるのを踏みとどまったのも事実。8番ではグリーンサイドのギャラリーに球を当ててしまったが、最後は2.5メートルのボギーパットを沈めて最小限の傷にとどめた。11番(パー3)ではティショットがグリーンを大きくオーバーするも、2打目で30センチにぴたりと寄せてパーでしのいだ。

昨シーズンは、フェデックスカップポイントのシード圏内となる125位に残れず、下部ツアーとの入れ替え戦を経験したばかり。ポイントの重みは重々承知だ。「最終日はすごく大事。1打でもいいスコアで上がりたいので、(リスクの多い)イーグルかバーディかという攻めよりは、バーディかパーかというマネジメントになる。今のゴルフでできることに気持ちを切り替えた」と、最後まで持てる武器で戦った。

今週は4日間を通してロングパットの距離感に悩まされた石川。15番(パー5)では3パットのボギーとし、16番、17番では3~4メートルのバーディパットを決めきれずに天を仰いだ。

結果こそ望んだものにならなかったが、これもゴルフだ。「アプローチ、パターでしのいでというバタバタじゃなかったし、自分的に悪いとは思わない。来週も優勝を狙っていける」。松山英樹の活躍にも触発されないわけがない。石川の目に静かに闘志が宿っていた。(カリフォルニア州サンマーティン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 フライズドットコムオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。