ニュース

米国男子ウィンダム選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ウィンダム選手権
期間:08/15〜08/18 セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)

正念場の石川遼 78位とロケットスタート不発

2013/08/16 10:02


「全体的にはそんなに悪くない」。しかし「突発的に出るミスが防げない」。シード奪取に向け、崖っぷちのレギュラーシーズン最終戦の初日も、石川遼は今季の流れを象徴するようなラウンドとなった。ノースカロライナ州のセッジフィールドCCで開幕した米国男子ツアー「ウィンダム選手権」。石川は3バーディ、3ボギーの「70」とスコアを伸ばせず、イーブンパーの78位タイでスタートした。

立ち上がりはショットが少し散った印象ながらも、5番(パー5)で3オン1パットのバーディを先行させた石川。しかし8番、第1打がフェアウェイ中央のディボットにはまり、続くウェッジショットでグリーンを大きくショートさせてボギーを叩くと、その後も、なかなか勢いに乗れなかった。

14番でもディボットからのショットを強いられ、さらに2オンが可能な545ヤード、15番(パー5)ではフェアウェイ上のボールに泥が付く不運。このセカンドショットを3番アイアンで強振したが、ボールは左サイドのスタンド方向へと曲がり3オン2パットのパー。そして16番(パー3)のバーディで1アンダーとして迎えた最終18番は、低いフェードを狙ったティショットがそのまま左の林へ抜けて、ボギーフィニッシュ。「うまく行かなかった日。そういう日もある。自分に流れが来なかった。今日はミスのことは引きずらなくプレーできた」と、笑顔なく話した。

取り返しのつかない大叩きにはならなかったが、この日のパーオン率(55.56%、全体64.53%)、フェアウェイキープ率(57.14%、全体66.07%)はいずれも平均以下の数字に終わっている。首位とはまだ6打差だが、アンダーパーが77人と続出した第1ラウンドで出遅れた。「もっとアイアンでグリーンを捕えられれば良かった。今日の分を明日取り返せればと思う」。上位進出、いやまずは予選通過のために、2日目のチャージが求められる。(ノースカロライナ州グリーンズボロ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ウィンダム選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。