ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹 出遅れ74位タイ「グリーン上です」

今季の海外メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」が8日(木)、ニューヨーク州のオークヒルCCで開幕。松山英樹は2バーディ、4ボギーの「72」で回り2オーバーの74位タイと出遅れた。

「全米オープン」、「全英オープン」と日本人選手としては初となる2大会連続でのメジャートップ10入りを果たして迎えた今大会。スティーブ・ストリッカージェイソン・ダフナーといった米国のタレントと午前7時45分にティオフした松山は、前半13番(パー5)で早速バーディを先行。キーポイントに掲げていたティショットでのフェアウェイキープが続き、好スタートを十分に予感させた。

<< 下に続く >>

しかし、チャンスを作れないまま迎えた中盤の3連続ボギーが痛恨だった。難関パー4の17番、18番ではパーオンを逃してアプローチを寄せきれない。折り返し後の1番では3パットを叩き、表情をゆがめた。

「ミスショットは2、3回。ショットはここ最近で一番いい」と話したように、2週前の「RBCカナディアンオープン」から続く不振からの脱却が見え始めている。実際、ティショットのフェアウェイキープは、パー3を除く14ホール中10回。しかし、流れをつかむバーディパットをなかなか沈めることができず、パット数は32に上った。「(問題は)グリーン上ですね。タッチは悪くないと思うけれど…ラインが当たらなかった」。

例年の全米プロに比べれば、気候も穏やかで、18ホールの総距離は7163ヤード(パー70)と短い部類に入る。前夜の雨を含んだグリーンは、ショットを止め、アンダーパーをマークする選手が続出した。「今くらいのショットがあれば、アンダーパーを出せる自信はある」と、言い切った松山。適応能力の高さを2日目に見せたい。(ニューヨーク州オークヒル/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 全米プロゴルフ選手権

アダムスコット選手、スペシャルコンテンツ公開中!

アダムスコット選手、スペシャルコンテンツ公開中!
「ユニクロのウェアは、コースでも常に快適でした。」アダム・スコット選手が認めたウェアを、あなたに。 全英オープンゴルフでの着用予定アイテムや、ザ・メモリアルトーナメント、全米オープンでのスタイリングをご紹介。 汗をすばやく乾燥させるドライ機能商品から少し肌寒い時に重宝するニットやダウンベストまで、ユニクロのウェアがあなたのゴルフを快適にします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!