ニュース

米国男子ザ・プレーヤーズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

タイガー・ウッズは苦手攻略に自信「とても満足」

2001年に「ザ・プレーヤーズ選手権」を制しているタイガー・ウッズだが、その後は08年に8位に入ったのが唯一のトップ10フィニッシュ。別のスタッツでは、過去50ラウンド以上している大会で、「ザ・プレーヤーズ選手権」の71.44というのが最悪の平均ストロークという数字もある。(続くのは全米オープン:71.02、マスターズ:70.60、全英オープン:70.26、全米プロ:70.22)。

個別のホールを取ってみても、プロ以降のキャリア累計でTPCソーグラスの18番で+15というのが一番悪い数字。ワースト2位はオーガスタ1番の+14、同3位はオーガスタ4番の+14、そして続く4番目に悪いのもソーグラスの17番で+11という数字だ。

「ある年はドライバーは良かったけど、アイアンが悪かった。他の年はショットは良かったけどパットが悪かった。また別の年はドライバーがひどくてスコアを出せなかった。ここでは、すべての面を良くしないといけない。ここはそういうゴルフコースなんだ」と、ピート・ダイ設計のコースを評する。

「ここはトリッキーなコースのひとつ。みなが同じところを目指して打つ」と、明確なプランを持ったマネジメントが要求され、その目的に適った球を打てなくては好成績につながらないことを指摘する。

だが、今の状態を問われたウッズは「とても満足している」と自信を見せた。「基本的にはここ数ヶ月取り組んできたことを続けているけど、とても良い準備ができた。試合が楽しみだよ」。

マスターズでの騒動はいまだにくすぶり続けているが、その雑音をコース上で晴らせるか?世界ランク1位のプレーに注目だ。(米国フロリダ州/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ザ・プレーヤーズ選手権

GDOアマチュアゴルフトーナメント

米国男子ツアー「ザ・プレーヤーズ選手権」練習場LIVE
5月9日(木)から12日(日)までの日本時間の深夜帯にて、“第5のメジャー”とも称されるビッグトーナメントの練習場LIVEを実施。今年で第40回目を数える、PGAツアーで最も重要なフラッグシップ大会の模様をお伝えします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。