ニュース

米国男子RBCヘリテージの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、今季ワーストの「80」で48位 「全体的に良くなかった」

2013/04/22 09:44


サウスカロライナ州のハーバータウンGLで開催された米国男子ツアー「RBCヘリテージ」最終日。石川遼は今シーズンワーストの「80」(パー71設定)と大きく崩れ、通算3オーバーの48位タイで4日間の戦いを終えた。

ラウンド後、目にはうっすらと光るものが浮かんでいた。首位とは5打差、心待ちに迎えた最終ラウンドのプレー。しかし、石川は惨敗に終わった結果を受け「全体的に良くなかったです。悪くても2オーバー、3オーバーで抑えられたコンディションだったと思います」と唇をかんだ。

開始早々の2番(パー5)で第2打をグリーン右手前のラフまで運びながら、3打目のバンカーショットでピンを大きくオーバーさせ、追う立場としては痛いボギーが先行。6番ではティショットを右の池に入れたのをきっかけにダブルボギーを叩いた。特にショートゲームに精彩を欠き、グリーン上でなかなかタッチが合わない。「ズルズルいってしまった感じ。その辺は悔しい」とノーバーディ、7ボギー、1ダブルボギー。強風が吹き荒れる展開だったが「風は難しかったです。まあでも、それ以上に自分が悪かったです」と、うつむいた。

次週の「チューリッヒクラシック」は欠場し、5月2日(木)開幕の「ウェルズファーゴ選手権」から参戦。「ショットも、パットもアプローチも、やりたいことがある。マスターズが終わって今週も良い経験が積めましたし、このコースはけっこう自分に合っていると思った。来年に向けてもリベンジというか、そういう形になればいいなと思います」。3日間は好位置でプレーできただけに、収穫と課題を整理してリスタートを切る。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 RBCヘリテージ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。