ニュース

米国男子プエルトリコオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 プエルトリコオープン
期間:03/07〜03/10 場所:トランプインターナショナルGC(プエルトリコ)

遼、今季2度目の決勝進出「予選通過で喜ぶようではもったいない」

石川遼は、これまで経験してきたコースの中で、明らかに“好き”“自分に向いている”と思うコースがあるという。たとえば、富士桜CCや太平洋C御殿場C、それにジャック・ニクラスの設計したコースなど。今週「プエルトリコオープン」が開催されているトランプインターナショナルGCも「自分に合っているコース」と石川は言う。

初日を2アンダーで終えた石川は、2日目は7時30分に10番からティオフ。11番で2打目を50センチにつけてバーディを先行させると、その後も自らの言葉を裏付けるようにバーディを積み重ね、前半を4バーディ1ボギー、通算5アンダーまでスコアを伸ばして折り返した。

<< 下に続く >>

「17番くらいから、ちょっと体が開きだして、置きに行ったショットがぶれてしまった。大けがせずに済んだけど、アグレッシブさに欠けるスイングになってしまった」という石川。後半に入るとチャンスにつく回数は減り、逆にピンチが増えていった。

4番では運にも助けられた。右に出たティショットは、右サイドに横たわるウォーターハザードまであと2ヤード程のラフでかろうじて止まった。2打目も「奥を怖がって」手前のバンカーへ。そこから3メートルに寄せるのが精一杯。だが、「せっかく運を貰ったホールだったので」と、このパットを執念でねじ込んで今週初めてのガッツポーズを作った。

上がりの8番、9番と20メートル近いロングパットが残ったがそれぞれ2打で乗り切った。この日5バーディ1ボギーの「68」とスコアを伸ばし通算6アンダーの31位タイ。「パットは入ってくれている方」と認めつつも、「自分的には納得いく内容じゃない。明日までに修正したいことがたくさんある」と気を緩めることはなかった。

今季2戦目の予選通過にも、石川は苦笑いでこう返す。「特に強がるつもりもないですけど、自分に合っているコースでただ予選通過を喜んでいるようではもったいない。ロングパットのタッチも合うし、アイアンの距離感も合う。こういうコースでまずは勝てる選手になって、将来的にはどんなコースでも対応できるようになりたいです」。

明日が勝負のムービングサタデーだ。「最終日最終組に近い位置でスタートできるようにしたい。でもスコアを伸ばすだけじゃ無く、落とさないように油断せずにやっていくことも大事。メンタル的に良い練習になる順位だと思う」。石川の見ているものは、周囲の誰よりも遠く、先にあるものかもしれない。(プエルトリコ・リオグランデ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 プエルトリコオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!