ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2005年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/11〜08/14 バルタスロールGC(ニュージャージー州)

全米プロ3日目/D.ラブIII「尻上がりに調子が良くなる」

デービス・ラブIII(6アンダー/首位タイ)
フィル・ミケルソンは大事な友人だし、キャディのジムも友人だから、明日の最終組みを一緒に周るのは楽しみだよ。今週は3日間とも良い組み合わせに恵まれた。一緒にプレーして楽しい仲間と組むことができたんだ。でも明日はメジャータイトルがかかっているからね。友情はひとまず頭の中から除外して、良い勝負をしたい」

-「信じられない暑さですが、おかげで背中の痛みが和らいでいますか?明日は雨の予報も出ていますが、天候の影響はあるのでしょうか?」

デービス・ラブIII
「虹が出てくれれば、以前に最高の喜びをもたらせてくれたので大歓迎ですが、雨はあまり歓迎できないよね。ご心配頂いた背中については、もう問題ありません。ワークアウトのし過ぎだと妻にも時々言われるが、おかげで肉体的にとてもタフになった。今日も終盤につれ、疲れるのではなく、15番や17番で最高のティショットが打てている。ラウンドが進むにつれてどんどん調子が上がるんだよ。昔はラウンドの後半戦で力尽きたり、また決勝ラウンドで力尽きたりしていた。今年はあまりに体の調子が良く、興奮しすぎて始めから飛ばしてしまい、初日につまずくことが多かった。前にはラフに負けていたショットもしっかり打てている」

-「今日は耐えるゴルフの部分がありましたが、ミスが続いたりしたときに、悪いイメージが浮かんだりはしませんでしたか?」

デービス・ラブIII
「今日は辛抱のゴルフになるだろうと予測していた。ここのコースは想像以上にタフだから。思うように行かない場面では、とにかく耐えて、チャンスを待とうと思っていたよ。今週は1打1打を大事にプレーし、その中でベストを尽くすように務めてきた。結果を恐れて打つようなことはしないと決めたんだよ。今季、いままでのメジャーではあまりにフラストレーションが溜まり、自滅してしまったので、今週はとにかく楽しみながらプレーしようと決めたんだ。そしてここのギャラリーはとても温かく、一生懸命応援してくれる。その歓声を聞きながらプレーしていると勇気や自信が沸くね」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。