ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 全米オープン
期間:06/16〜06/19 パインハーストR & CC(ノースカロライナ州)

今日の日本人選手/試練のラウンド!バーディを4つ奪った丸山も・・・

全米オープン3日目

6人の日本人選手が出場した2000年大会に次ぐ5名が出場した今大会。昨年の日本ツアー賞金ランキング1位、2位の片山晋呉谷口徹は予選落ち。丸山茂樹深堀圭一郎今田竜二の3名も決勝ラウンドに入り、全米オープンらしい難しいセッティングに苦戦を強いられている。

日本で行われた最終予選を勝ち抜いた深堀は、全米初挑戦にも関わらず1オーバー10位で決勝ラウンドへ。タイガー・ウッズの1つ前の組でスタートした深堀は、2日目と同じく2番でボギーが先行。2日間スコアを伸ばしていた4番パー5でもバーディを奪えず、6、9番でボギーを叩き4オーバーに後退。中盤はパープレーで凌いだが16、17番で連続ボギー。バーディを1つも奪えず、6オーバー21位タイに後退してしまった。来年の全米オープン出場資格を得るためにも、最終日は15位以内を狙う。

5オーバー33位からスタートした丸山は、2番ボギーの後、3、4番で連続バーディを奪った。しかし5、6番で連続ボギーを叩き、6オーバーに後退。後半は10番パー5、11番で再び連続バーディを奪い、13、14番はともに3メートル程のパーパットを沈め小さくガッツポーズ。耐久戦を象徴するような場面だった。ところが終盤、深堀と同じように試練を迎えてしまう。16番でグリーン右手前のバンカーに捕まり、第3打は大きくグリーンをオーバー。このホールをダブルボギーにすると続く17番でもボギーを叩き7オーバー26位タイで3日目を終えた。

2日目に2ストローク伸ばし80人をゴボウ抜きした今田は、丸山の1つ後ろの組でスタート。初日ボギーを叩いた2番パー4で6メートルのバーディパットを沈め4オーバー。2日目のようにスコアを伸ばすか期待されたが、その後はバーディチャンスを迎えることも少なく、パーをセーブするのがやっとだった。後半はティショットが微妙に左右にブレ、ラフに入ることも多く苦しいラウンドの末、8オーバー35位タイとなっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。