ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 全米オープン
期間:06/15〜06/18 場所:ウィングドフットGC(ニューヨーク州)

M.ウィの挑戦にPGAツアー選手の反応は?

マーク・ブルックスミッシェル・ウィは、大学に3年くらい通って、学生生活を楽しむべきです。賞金は増え続ける一方ですから、何年か経ってツアーに参戦しても損はしないでしょう」

ポール・エージンガー 「ウィと一緒にプレーして、素晴らしい実力の持ち主だと感じました。スポンサーが、ゴルフ界を盛り上げている彼女を招待するのは当然でしょう。男子の大会でタイガー・ウッズの次にギャラリーを惹きつけるのは、ウィですからね。」

<< 下に続く >>

タグ・ライディングス
「ウィの活躍によって、ゴルフというスポーツが注目されるのはいいことだと思います。ウィが最終予選を通らなかったは残念ですが、彼女の挑戦は素晴らしかったですね」

ジェフ・オギルビー
「ウィは、男子の大会で予選落ちに終わっても、ほかの選手を感心させるほど優れた実力の持ち主です」

アダム・スコット
「ウィが脚光を浴びていることは、ゴルフ界にとってプラスだと思います。16才であれだけのプレッシャーに耐えるのは大変ですが、ウィはうまく対処してますね」

スティーブ・ジョーンズ
「ウィがウイングドフットでどんなプレーをするか、見てみたかったですね。私は彼女に負けるかも知れませんけどね。また、次の機会に頑張って欲しいと思います」

ローレン・ロバーツ
「きのうはここで練習ラウンドを行っていましたが、みんなウィのことを気にしていたようでした。途中までは予選を突破できるだけの勢いだっただけに残念でしたね。ウィがニューヨークでの全米オープンに出場となったら、それこそ大騒ぎになっていたと思いますよ」

リー・ジャンセン
「女子が史上初めて男子のボーリング・ツアーの参戦資格を取りましたが、男子に混じって戦って参戦資格を得たなんて素晴らしいですよね。ウィも自力で1次予選を通過して最終予選に出たわけですから、才能があるのは間違いありません。しかし、PGAツアーにフル参戦している選手でさえ、全米オープンの予選会を突破するのは難しいわけですから、彼女にとってはちょっと荷が重かったかも知れませんね」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!