ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

「グランドスラム」5連覇のタイガー

8月18日、「全米プロ選手権」の優勝記者会見でリッチ・ビームは『グランドスラム・オブ・ゴルフが楽しみだ。きっとタイガーにめちゃくちゃに叩きのめされるんだろうなぁ』と語っていた。この予言は現実となった。タイガーはビームのみならず、ジャスティン・レナード、デイビス・ラブIIIを14打差という大差で圧勝。最終日に関しては11アンダー、61というコースレコードを達成しての優勝だった。タイガーは4大メジャーを制するなど、ゴルフ界で達成できていない記録は少ないが、その数少ない残された記録のひとつが、「59」をマークすること。

タイガー・ウッズ
「59という数字は1度も頭を過らなかった。1ショットごと真剣にプレーしていたから。前半ハーフで安定したプレーをして、後半ハーフでチャージをかけるという自分らしい戦略を実行しようと思っていただけ」

◇1991年以降「グランドスラム」の記録比較

<最多優勝回数>
1位:タイガー・ウッズ 5回
2位:グレッグ・ノーマン 3回

<18ホール最高スコア>
1位:タイガー・ウッズ(61)
2位:トム・カイト (62)1992年

<36ホール最高スコア>
1位:タイガー・ウッズ(127・-17)
2位:アーニー・エルス(133・-11)1997年

<2位との差>
1位:タイガー・ウッズ 14打差
2位:イアン・ウーズナム 4打差 1991年

関連リンク




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~