ニュース

米国男子SEIペンシルバニアクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 SEIペンシルバニアクラシック
期間:09/12〜09/15 場所:ウェイネスボロウCC、ローレルバレイGC(ペンシルバニア州)

PGAツアー「SEIペンシルバニア・クラシック」最終日

初日から首位をキープし、完全優勝を狙うビリー・アンドレードが、2位以下に1打差をつけていた。そのアンドレードは9番でグリーンエッジからの長いバーディパットを沈めなんと4連続バーディ。2位でスタートした昨年のディフェンディング・チャンピオン、ロバート・アレンビーに3打差をつけた。しかし10番でアンドレードはトラブル。グリーンを大きく外し林に入れ、3打目をグリーンの逆サイドまで転がしてしまい再びラフ。このホールをダブルボギーとし13アンダーに後退してしまう。

一方アレンビーは12番でバーディを奪い、首位タイ。さらに14番でも1メートル半のバーディパットを難なく沈めてついに単独首位に躍り出て連覇に近づいた。しかしアレンビーは15番で痛いボギーを叩いてしまい、三日天下ならぬ1ホール天下。アンドレードが13番であわや直接カップインのイーグルになるかと思われたスーパーショットでバーディ。首位を奪い返す。

<< 下に続く >>

こんなアンドレードとアレンビーの死闘と横目に3日目に(64)の好スコアをマークしたダン・フォースマンが静かに忍び寄ってきていた。15番ではグリーンサイドバンカーから見事なショットでバーディ、首位に2打差の12アンダー。その頃、アレンビーは17番でボギーで12アンダーに後退。アンドレードも15番で下り2メートルのパーパットを外し、ボギーで13アンダー。アレンビーは最終18番でイーグルチャンスにつけるがあとひと転がり足りず、バーディで13アンダーでホールアウトした。

最終18番を12アンダーの1打差で迎えたダン・フォースマンはフェアウェイ左サイドから3番ウッドでみごとにグリーンオン。さらに6.5メートルのイーグルパットを沈めてなんと単独首位に躍り出た!これでアレンビーの連覇への夢は消え、あとはアンドレードの結果待ち。そのアンドレードは18番でティショットミス。フェアウェイバンカーにはまったアンドレードの2打目は出すだけ。残り195ヤードをなんとか2打で収めなければならない。4番アイアンでピン横5メートルにつけたが入らず。結果、ダン・フォースマンが10年2ヵ月と6日ぶりにPGAツアー5勝目を獲得した。

◇最終結果
優勝(-14):ダン・フォースマン(65)
2位タイ(-13):ビリー・アンドレード(65)、ロバート・アレンビー(69)
4位(-12):ジョン・ヒューストン(67)
5位タイ(-11):オーリン・ブラウン(66)、ジェフ・スルーマン(68)
7位タイ(-10):田中秀道(65)、イアン・レガット(70)、他

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 SEIペンシルバニアクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!