ニュース

米国男子HPクラシック of ニューオリンズの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 HPクラシック of ニューオリンズ
期間:05/01〜05/04 場所:イングリッシュターンG&CC(ルイジアナ州)

「HPクラシック・オブ・ニューオリンズ」優勝者インタビュー

スティーブ・フレッシュ
「最高の気分ですね。毎年ここでは成績が良くて、マスコミに今年こそ、フレッシュが勝てるかも?みたいな記事を書いてもらっていたのに、いつまでも実現できなくて。やっと期待に応えられた。理由はわからないけど、とにかくこの大会とは相性がいいみたいだ。今日はすべてが僕の思うようにいったんだ。最終日に首位と7打差スタートだったから、まさか勝てるなんて思っていなかった。特にこの試合ではみんなロースコアを出してるからね。今朝ホテルを出たときキャディと風が強いねって話してて、練習場についた頃は風が舞ってた。でも僕のショットがその風の中でもかなり安定していたから、すごく自信をもって試合に臨めたんだ。おかげで前半ハーフを5アンダーでラウンドできて、あまり周囲のことにはとらわれずに、ただ最終18番までになんとか自分に優勝争いに入るチャンスをつくってやろうって思ってた。プレイオフに残れたのは大きなボーナスだったよ。PGAツアーで初めてのプレイオフだったから、すごく緊張したけど、すごくエキサイトもしてた。あのパットは打つ前から入る気がしてた。実はラインを読んだこともパットを打った瞬間も覚えてないんだ。ただ入った事だけはわかって。今日は僕の番だったという感じだね」

ボブ・エステス
「プレイオフでのスティーブのパットみたいなことをやられちゃうと、もうどうにもならないね。でもスティーブにとっては優勝まで長い道のりだったから、嬉しいよ。今季スタートした時もみんなで今年こそスティーブは優勝をあげるはずだって話していたんだ。できれば僕じゃない人を負かせて勝たないでもらいたかったけどね」

スコット・バープランク
「これから数時間はかなり気持ちが滅入るだろうね。自分のミスに腹が立っているし、優勝を目の前で逃してしまった。3日目までは優勝できていた。でも最終日まではもたなかったということだね」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 HPクラシック of ニューオリンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!