ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2012年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/09〜08/12 場所:キアワアイランドリゾート(サウスカロライナ州)

タイガー好スタートはバーディよりもナイスボギー!

今シーズン最後のメジャー大会となる「全米プロゴルフ選手権」初日、5度目の大会制覇を狙うタイガー・ウッズは午前8時30分10番ホールからプレーを開始。午前中は湿度が高く、気温は32度。スタート後9時過ぎには北風が吹くときがあったが、午前11時ぐらいから予報通り南南西の方向に風はシフトした。タイガーがプレーをした時間は強い風にはならず、穏やかでスコアを伸ばすには絶好のコンディションだった。

タイガーは1パットホールが12回、合計22パットとグリーン周りのタッチが冴えた。チャンスホールとなる4つのパー5でバーディを奪ったのは2番のみだったが、他パー4のホールでバーディを4つ。そして17ホール目となる8番パー3でもバーディ。合計6つのバーディに対し3つのボギー、トータル3アンダー「69」はトップと3打差の14位タイとまずまずの滑り出しとなった。

12番ではピン手前4メートルのパットを沈めてバーディ。13番では3番ウッドでのティショットを左に引っかけてしまい2オンできず。ここはバンカーからの4打目を上手く寄せてボギー。続く14番ではティショットを左の低いエリアから寄せに失敗してボギー。15番ではドライバーで会心のティショット。7メートルのバーディを沈めてバウンスバックバーディ。

池が絡む17番ではグリーン左奥に外してしまうが3メートルのパーパットをねじ込んでパーセーブ。続く3ホールでタイガーはバーディを奪った。18番ではピン左8メートル、1番ではピン上3.5メートル、そして2番ではピン左手前から7メートルでパットを沈めていた。4番では3番で打ったティショットを左に曲げてしまいボールはハザード入り。グリーンサイドのバンカーから4打目を寄せてボギーで切り抜けた。8番パー3はティグラウンドの左サイドに立ち右奥のピンを狙ったタイガーのショットは、2.5メートルに止まりチャンス。落ち着いてこのパットを沈めて6つめのバーディ
を奪った。

プレー後のインタービューでは
(全体を振り返って)
「今日はいいプレーができました。メジャー競技の第1ラウンドで60台のスコアですからいい位置です」

(ほとんど風はなかったですね?)
「一緒に回ったキーガン(ブラッドリー)は2ホールを終えて3アンダー。リーダーボードを見ると他の選手は6番を終えて4アンダーとか5番を終えて3アンダーとか伸ばしていましたね。この状況だと6か8アンダーぐらいまで伸ばす選手がいるかなと思っていました。穏やかなコンディションのままだったら5アンダーまで伸ばさないとトップ10に入ることができないかなと感じました。しかし、少ししたら方角を変えて風を感じるようになりました。最初は陸の方から、その後は海側からの風になりましたね」

(先週末からパッティングは好調ですね)
「はい、先週の決勝ラウンドはいいパッティングができました。金曜日の夜に調整をしました。週末はいいパッティングができました。狙った所にボールを打つことができて長いパットが決まりました。今週もその感触を掴んでいます。今日もいいパッティングができました」

(今日の放ったショットについて)
「はい、まずまずだったと思います。この後練習場に行って少し調整します。何をしなければいけないかは分かっています」

(4アンダー、好スタートのジョン・デーリーについて)
「私は13歳だった頃アーカンソー州で行われたジュニアの大会でジョン・デーリー(既にプロ転向)とプレーをしたんです。その後私が新人だったころ良く一緒に食事をしたり練習ラウンドをすることがありました。昔から優しく接してくれて、私は彼のことをいつも応援しています」

前半よりも約200ヤード距離が長い後半バックナインからプレーを始めたタイガーは10番、11番、15番、16番、18番と5回ドライバーを使用した。(フロントナインでドライバーを使ったのは7番のみ)11番では右にプッシュアウトして砂地エリアに外し2オンを狙うことができなかったが、ドライバーショットのフェアウェイキープは83%と安定感に満ちたラウンドになっていた。対照的にアイアンショットは今ひとつ。パーオンは10回とタイガーにしては低い数字だった。1パットでパーを凌いだホールが3回、今日一番の鍵になったのは6つのバーディではなく1パットで切り抜けた3つのボギー。13番、14番、そして4番は1パットボギーでピンチを切り抜け合計パット数は22。加えて最終9番のパーセーブは明日のラウンドに繋がるいいパーセーブだった。

タイガー自身プレー後のインタービューで語っていたようにパッティングのライン取りが良かった。打った後にパターヘッドがピタッといい位置で収まっているのは手の動きと肩の動きが調和して動いている証拠。「パスパラム」という芝は彼が現在住んでいるフロリダ州南部、パームビーチの多くのコースで使われている新種芝。他の選手よりも経験が豊富な分タッチが合っていた。バミューダよりも芝目が気にならないのでライン読みの迷いも少ないと思われる。

明日2日目タイガーは午後1時40分に第2ラウンドをスタート予定。しかしかなり高い確率で午後雷雨の予報が出ているので、状況によってはスタートが遅くなるだけでなく第2ラウンド18ホールをすべて消化できない可能性もある。どんな状況であれ集中力を切らさずに目の前の1ショット、1ホールずつプレーをすることが鍵になるだろう。

★ラウンドデータ
69(3アンダー)

10番スタート
バックナイン35(1アンダー)
フロントナイン34(2アンダー)

・バーディ:6ホール
・ボギー:3ホール

・パー3:イーブンパー
・パー4:2アンダー
・パー5:1アンダー

・フェアウェイキープ率:64.3%(14ホール中9ホール)
・パーオン率:55.5%(18ホール中10ホール)
・合計パット数:22パット
・1パットホール数:12ホール

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!