ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 マスターズ
期間:04/05〜04/08 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

松山英樹、涙・・・2年連続のローアマチュアに2打届かず

ジョージア州のオーガスタナショナルGCで開催された今季の海外メジャー初戦「マスターズ」最終日。松山英樹が2年連続のローアマチュア獲得を逃し、涙した。「80」と崩れ、通算9オーバーの54位タイに終わり、米国のパトリック・カントレーに2打が届かなかった。

1オーバーの27位タイから出た松山は、スタートから流れに乗れないプレーが続いた。出だしの1番で1メートル強のパーパットを外して同ホールで今大会初のボギー発進。すると5番ではグリーン左奥のバンカーから脱出するのに2打を要し、ダブルボギーをたたいた。

さらに直後の6番からはパーオンを逃し続け、ショートゲームも振るわず3連続ボギー。前半「42」で通算7オーバーまで後退し、この時点で既にホールアウトしていたカントレーと並んでいた。

悪い流れは続き、11番でボギーとするが、それでも14番で第2打をピン右2メートルにつけて再び7オーバーに戻す。しかし16番(パー3)。ティショットをグリーン右奥のラフに落とすと、パターでの第2打は傾斜を下って左のカラーまで転がり、痛恨のボギーとして再び一打後退。17番で3メートルのバーディチャンスをつかむが、上りのスライスラインを右に外して天を仰いだ。

ラウンド後、テレビ局、海外メディアのインタビューを受けた直後のこと。日本メディアを前にすると、悔し涙で目を腫らし、クラブハウスに消えた。顔を洗って再び姿を見せたが、目は真っ赤だった。「自信のあったパッティングで、こんなに打ってしまってふがいない。グリーンのスピードも昨日と変わっていなかった。自分の打ち方の問題です」。

得意のグリーン上でのプレーに苦しみ「パットで不安を持っていると、ショットもアプローチも悪くなってくる」とプレー全体が悪循環に陥った結果の大叩き。しかし阿部靖彦監督は「シルバーカップ(ローアマチュア賞)を狙っていたら、こういうゴルフはしていなかった」と話した。3日目を終えて、アマチュアでトップに立っていた松山は、カントレーに6打差をつけていた。リードを守ることもできたが、あくまで来年大会の出場チケットを手にする16位以内を目指して戦った。

近日中に帰国し、再び東北福祉大ゴルフ部に戻る。まずは今年度の授業の履修届けを出さなければならない。「またここに来るための権利を取得したい。今日からそこに向けて、反省してしっかりやりたい」。アジア最強アマは、涙をふいた。(ジョージア州オーガスタ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。