ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 マスターズ
期間:04/05〜04/08 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

松山、後半失速でイーブンパーも「チャンスある」

ジョージア州オーガスタナショナルGCで開催中の「マスターズ」3日目。1オーバーの31位タイから出た松山英樹は2バーディ、2ボギーの「72」で回り通算1オーバーのまま。27位タイで最終日を迎えることになった。

決勝ラウンドに入っても、松山は気負いや焦り、そんな重圧とは無縁といわんばかりのプレーを展開した。前日の曇り空から一転、快晴に恵まれた第3ラウンド。序盤の2番(パー5)で3オン1パットのバーディを決めると、その後もショット、パットともに安定したプレーを続けた。8番(パー5)でもフェアウェイから3番ウッドでグリーン手前まで運び、アプローチできっちり50センチにつけて2つめのバーディを決めた。

ところが後半に入ると突如リズムを失った。10番からの3ホールはいずれも、1パットパーを拾ったが、その後の2つのパー5でスコアを落としてしまう。13番ではティショットを曲げ、3打目もグリーンの左奥へこぼしてしまい続くアプローチはピンを10メートルオーバー。15番ではティショットを、左足下がりが強い第2打を強いられる右サイドに置いてしまい、3番ウッドでグリーン手前のクリークに入れ、いずれもボギーとした。

結局この日スコアが動いたのは、4つのパー5だけ。「午前中は良くて、後半になると悪いといういつものパターンです」。確かに11番からのアーメンコーナーを含め、インコースはミスがトラブルにつながるホールが続く。しかし「相性と言うよりは、技術の無さ」とバッサリ。速くなったグリーン、上空を旋回する風に多くの選手が悩まされたが「それ以上に自分のミスが多かった」と言い訳はしなかった。

それでも他に予選を突破したアマチュアの2人、パトリック・カントレーは通算7オーバーの52位タイ、ケリー・クラフトは通算10オーバーの61位で終え、2年連続のローアマチュア賞へは視界良好。そして来年大会の出場権を獲得できる16位以内という目標についても「見える位置で耐えたと思う。後半はパーオンが1つでこの位置にいる。明日チャンスがあると思う」。残り18ホールも、怖いもの知らずのハートを前面に押し出して攻めていく。(ジョージア州オーガスタ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。