ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 マスターズ
期間:04/05〜04/08 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

遼、自己流調整を貫く 水切りショットにも成功!

今季の海外メジャー「マスターズ」は5日(木)、ジョージア州のオーガスタナショナルGCで開幕する。4年連続の出場となる石川遼は2日(月)、当地で松山英樹とともに練習ラウンドを行った。

いよいよマスターズウィークに突入したこの日、会場にはパトロンが大挙し、前日までとは雰囲気が一変した。そんな中、日本から出場する20歳の2人は黙々、淡々とコースをチェック。午前8時半から18ホールをラウンドし、前半アウトでは初出場のベ・サンムン(韓国)も交えてプレーした。

「昨日までとは全然違う。試合モードです」と話した石川だが、米国遠征中の練習ラウンドでは、日本ツアーでも度々見られる50ヤード前後のショット練習をほぼ毎ホールで繰り返している。「あれくらいの距離感が重要になってくる。(実際に試合で使うのは)1日、1、2回だけど、そういうところの力加減が大切」。その姿勢は夢舞台でも同じ。花道付近からのウェッジショットで距離感を養う。

「打つときに何ヤード、と考えながらやるのではなく、目測で感じる距離の方が合っていたりする。ヤーデージや歩測が100%あっているとは限らない。自分の目測を大事にしたい」。緊張感が極限に達する状況で、最後に頼るのは自分の感性。大勢の観衆の視線を浴びながらも「自分の練習ができていれば良い。練習ラウンドで良いプレーができなくても良い」と揺るがない。

その一方で、ファンを湧かせるべきところでは千両役者振りを発揮した。ティグラウンドからグリーン手前までが池となっている16番(パー3)、ロープ脇に陣取るギャラリーたちの「スキップ!スキップ!」という声に応えて、選手たちが水切りショットを放つ練習日恒例のシーン。石川は5番アイアンで放った2発目のショットで、見事グリーンに乗せ、拍手喝采を呼んだ。

過去3年も挑戦してきたが、成功したのはこれが初めて。「パトロンの人たちのためにやっているので、楽しんでもらえたら嬉しい」と両手を挙げてガッツポーズ。真剣な表情の中にも、会心の笑み。充実の調整を続けている。(ジョージア州オーガスタ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。