ニュース

米国男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、アリゾナに移動しスイングをチェック 初戦はB.ハースと対決

米国男子ツアー「ノーザントラストオープン」を4日間戦い72位タイに終わった石川遼が、大会翌日には、今週開催される「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」の会場に向かった。

今週は1対1で戦うマッチプレー方式の試合で、水曜日が初日となる。この日14時過ぎに会場に訪れた石川は、ドライビングレンジでスイングを確認するように練習を続けた。特に先週の決勝ラウンドで安定感を欠いたドライバーショットは入念にチェック。「だいぶ良い感じになってきました」と手ごたえを口にした。

石川の1回戦での対戦相手はビル・ハース。先週、フィル・ミケルソンキーガン・ブラッドリーをプレーオフで下し優勝したばかりの選手だ。「昨年のFedExカップ王者だし、なにより先週の優勝者ですから、自分にとっては大変な試合になると思います。いままでマッチプレーでは、格上の選手に勝ったこともありますので、良いプレーができればいいと思います」と、挑戦者の気持ちでぶつかっていく。

現在、石川の世界ランキングは56位となっているが、今週のマッチプレーでベスト8に入ることができれば、ランクを50位以内に上げて、2週間後に開催される「WGCキャデラック選手権」への出場資格が見えてくる。さらに、3月26日の時点で同50位以内に入れば「マスターズ」出場も確定するため、石川にとっては気合いの入る戦いが続く。(アリゾナ州マラナ/本橋英治)

関連リンク

2012年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~