ニュース

米国男子ファーマーズ・インシュランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 ファーマーズ・インシュランスオープン
期間:01/26〜01/29 トーレパインズGC(サウス、ノースコース)(カリフォルニア州)

今田竜二はグリーン上で苦しみ出遅れ

米国男子ツアー第4戦「ファーマーズ・インシュランスオープン」は26日(木)、カリフォルニア州のトーレパインズGCで開幕。2つの異なるコースを回る予選2日間の初日、今田竜二はノースコースを「73」で回り、1オーバーの100位タイと出遅れた。

自身の今季3試合目を迎えた今田は、終始パットに苦しむ展開を強いられた。前半12番でボギーを先行させると、その後はパーが並んだ。ショットについては「先週よりは良くなっている」という出来。しかしカップにボールが蹴られ続け、スコアを伸ばせない。サウスコースに比べて難易度が低いとされるノースでのオーバーパーに、「あれだけ入らないとつらいですね、このコースは…。狙ったところにはボールは出ているのに」と、ため息混じりに話した。

確実にバーディを獲っていきたい4つのパー5では、3度ティショットがラフにつかまり、チャンスを作れず。「(2オンさせて)2パットでバーディを獲っていけるところなのに。その辺が今日の反省点」と要所でショットもかみ合わなかった。

初めて同組でラウンドした昨年度の日本ツアー賞金王ベ・サンムンは7アンダーをマーク。「良いゴルフをする。気持ちよく入ってましたね、ポコポコと…。やっぱり(ゴルフは)パットが命」と苦笑い。

それでも2008年は2位に入るなど、相性の良い大会であることには変わりない。2日目は難攻不落のサウスコースでのラウンドとなるが「いいスコアを出したこともある。2メートルから5メートルのパットが入ってくれれば」と気持ちを必死に切り替えていた。(カリフォルニア州サンディエゴ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ファーマーズ・インシュランスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。