ニュース

米国男子オメガミッションヒルズワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

チームジャパンは粘って10位タイ

「オメガミッションヒルズワールドカップ」の2日目、1つのボールを交互に打つフォアサム形式で試合が行われ、平塚哲二池田勇太のチームジャパンは同じく初日に6アンダーをマークしたイングランドと同組でスタートした。

1番でティグラウンドに上がったのは池田勇太だった。「作戦とか細かいことは考えないで、とにかく最初は勇太に打ってもらい勢いをつけたかった」という平塚。その期待通りに池田はフェアウェイセンターにナイスショット。平塚の2打目はグリーンを捉え2.5mのバーディチャンスを迎えるが、池田のパットは惜しくも決まらなかった。

<< 下に続く >>

スコアが最初に動いたのは前日苦戦した4番だった。フェアウェイからの2打目を、池田がピン手前1mに寄せると平塚が難なく決めてバーディ。6番パー5では、池田が2打目をグリーン手前のカラーまで運び、バーディを奪う。

ところが、9番では池田がティショットを左サイドのラフに入れてしまい、平塚の2打目はグリーンを狙えずフェアウェイにレイアップ。池田のアプローチはピン2mに寄せたがボギーにしてしまった。

後半は12番でバーディを奪い、14番ではボギーと苦戦を強いられる。そして最終18番、ティショットを打った平塚は「やっちゃった」と叫んだ。ボールは左に大きく曲がってしまったからだ。ところが、2打目を打った池田のボールはピンの手前80センチに止めるスーパーショット。平塚はバーディパットを沈め、この日のスコアを2アンダーとした。

「やばかった。あれ、2、3mに感じたわ」と最後のバーディパットを決めた平塚は池田にその時の心境を語りかけた。通算8アンダーは首位と5打差の10位タイ。「まだまだ諦める位置ではないので、頑張ります」という平塚と池田。残り2日は、これまで2日間の試合形式、フォアボールとフォアサムを繰り返すことになる。(中国海南島/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 オメガミッションヒルズワールドカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!