ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/11〜08/14 場所:アトランタ アスレチッククラブ(ジョージア州)

池田勇太はドタバタでアトランタ入り

今季の海外メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」は11日(木)に開幕。2年連続の出場となる池田勇太は会場のアトランタ アスレチッククラブへの移動の際、思わぬアクシデントに見舞われた。

前週、オハイオ州アクロンのファイヤーストーンCCで行われた「WGCブリヂストンインビテーショナル」に出場した池田は、最終日の7日(日)の夜にアトランタへと空路で移動し、早めに準備を行うつもりでいた。しかし予定していたクリーブランド発の航空機が悪天候のため欠航となり、そこから別の便を探すハメに。しかし空席がなく、結局その日は深夜にクリーブランドのホテルで一泊することになってしまった。

<< 下に続く >>

確保できたチケットは翌8日(月)の午前5時発の便。十分な睡眠時間も無いまま、約2時間のフライトを経てアトランタに到着。その後、また別の便で到着するスタッフとともに、宿舎入りしたのが正午過ぎ。疲労困憊のまま、同日にコースで予定していた練習を回避した。

そのため、池田は9日(火)に初めてのコースを練習ラウンド。平塚哲二とコースチェックを行い「この大会はいつも(コースが)長い。結構バンカーが多く、外したらサンドセーブしないといけない。グリーン周りのラフもカットしてあるが、ボールがすっぽり埋まるくらいの長さになっている」とアプローチショットをキーポイントとした。

前週の大会は4日間パッティングに泣かされ続けて75位。だが「先週入らなかったから、今週は入る。そういうもの」と気持ちを切り替える。心身ともに疲れが心配だが、最後まで全力を振り絞っていく。(米ジョージア州ジョンズクリーク/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!