ニュース

米国男子WGCブリヂストンインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

池田勇太は72位でスタート パッティングに泣き出遅れ

2011/08/05 10:01


世界ゴルフ選手権シリーズの今季第3戦「WGCブリヂストンインビテーショナル」が4日(木)、米国オハイオ州ファイヤーストーンCCで開幕。昨年に続く出場となる池田勇太は4ボギーの「74」でまわり4オーバーの72位タイと大きく出遅れた。

午前9時40分にスタートした池田は、序盤からグリーン上で苦しんだ。出だしの10番。ドライバーでのティショットをフェアウェイに置き、セカンドショットはピン右1.2メートルにピタリ。しかしこれを外してバーディ発進を逃すと、12番までパーオンを続けながらもスコアを伸ばせない展開が続いた。

そして6ホール目の15番。ティショットをグリーン左奥のラフに外すと、左足下がりのラフから1.5メートルに寄せるが、パーセーブできずにボギーが先行。17番で4メートル強のバーディチャンスを逃すと、第2打をグリーン左手前のバンカーに入れた18番、折り返した1番で連続ボギーを叩いて3オーバーまで後退。さらに後半4番では第1打、第2打ともにバンカーへ入れ、4つ目のボギーとしてしまった。

ラウンド後の池田は「本当にパターが入らなかったな、という感じ」とポツリ。今季初優勝をマークした前週の「サン・クロレラクラシック」から使用したパターを継続して使用し「自分が思ったところに打てている」と言うが、ことごとくカップに嫌われた。

それでもショットは良い状態キープしたまま。「パットが入るか入らないかは紙一重」。今大会は棄権や失格が無い限り全選手が4日間をプレーする。「まだ終わったわけじゃない。何が起こるかわからない」と望みを捨てるわけがない。残り3日での巻き返しを期待したい。【米オハイオ州アクロン/桂川洋一】

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 WGCブリヂストンインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。