ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全英オープン
期間:07/14〜07/17 ロイヤルセントジョージズGC(イングランド)

38位でフィニッシュの池田勇太「帰ってからが楽しみ」

イングランド・ロイヤルセントジョージズGCで行われた海外メジャー第3戦「全英オープン」最終日。日本勢で唯一決勝ラウンドに進出した池田勇太は、5オーバーの33位タイからスタートし、3バーディ、4ボギー、2ダブルボギーの「75」で回り通算10オーバーの38位タイで、自身3度目の全英を終えた。

4日間で最も強い風が吹き荒れた最終日。池田は地元イングランドのスーパーアマチュア、20歳のトム・ルイスとラウンドをともにした。1番を無難にパーで出ると、続く2番で7メートルのフックラインを沈めてガッツポーズ。4番でボギーとするが、7番(パー5)ではフォローの風に乗せて2オンに成功。2パットで2つめのバーディを奪った。

しかし続く8番ではラフからの脱出に苦しみ、折り返した10番ではティショットが左サイドのポットバンカーへ。いずれも4オン2パットのダブルボギーをたたいた。11番も3パットのボギーとして大きく後退。「8、9、11。そのホールだけもったいなかった」。その後は白いキャップを後ろ向きにかぶらなければ、飛ばされてしまいそうになるほどの強風の中で、我慢のゴルフを展開しただけに、悔いが残った。

「パー70だけど、これだけ悪天候だといくつがパープレーかわからない感じ」と苦笑いするが、スコアと結果に満足感は無い。しかし大会前週に急遽出場が決まった試合で、新しいアイアンを試し、好感触を掴んだ。「言い方は悪いけれど、良い練習にもなった。手応えもあるし日本に帰ってからが楽しみになった」と表情は決して暗くない。

日本のコースとは全く異なる状況で戦った今大会。「自分としては出て良かったと思う。いい面、悪い面が分かったのは次の全英にもつながる。日本に帰ったら場面、場面で(効果が)出てくると思う」。4日間を戦い抜いたことが何よりの収穫だ。【イングランド・サンドウィッチ/桂川洋一】

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
プレジデンツカップ中継をGDOで連日無料放送 GOLFTV
GDOでは初日から最終日の4日間、試合開始から午前11時(日本時間)まで、GOLFTVによるライブ中継を無料で配信します。2年に1度の熱戦をお見逃しなく!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。