ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全英オープン
期間:07/14〜07/17 ロイヤルセントジョージズGC(イングランド)

三田村昌鳳が語る全英オープン(3)

ゴルフはアンフェアなゲームである?

今回の全英オープン開場は、ロイヤルセントジョージス。通称サンドイッチと呼ばれているコースである。サンドイッチの街の中心は、ちょうど六本木ヒルスがすっぽりと埋まってしまうほどの大きさである。そこに狭い路地のような曲がりくねった路があって、中型者が1台通ると対向車をよけるのに苦労するような道が多い。

ここは南のセントアンドリュースと呼ばれ、初めて全英オープンが、スコットランドでなくイギリスで開催されたことでも有名である。イギリスの最南端、ドーバー海峡を渡るドーバーの港町からすぐ近くにある。

少し身近なエピソードでは、小説・映画で世界的に有名な「007シリーズ」のジェームス・ボンド生みの親、作家・イアン・フレミングが、実はロイヤルセントジョージスのメンバーだった。ちょうど小説の中で、ボンドがゴールドフィンガーを負かしたときのコースの描写は、いうまでもなくロイヤルセントジョージスそのものだったという話が残っている。

全英オープンが行われるリンクスコースでは、何が起きても不思議でないとよく言われる。実際、1日の天候も四季があると言われるほど急変する。朝6時30分から夕方4時11分まで、1番ホールから次々にスタートしていく。およそ10時間にわたってスタートが続くわけだ。だから、正確にいえば、選手の条件はすべて同じというわけではない。風速30メートルもちょくちょくあるし、雨、寒さも加わる。

ゴルフは、アンフェア(不公平)なゲームである、ということを真摯に受け入れて戦える選手が、いいスコアを出す。

「ゴルフというスポーツを創造した人は、自然が与えるものと奪うものをゲームの中に受け入れたんだ。風や雨にチャレンジしてこそ真のゴルファーなのだと思う。ネバー・ギブアップ!もしゴルフでゲームを投げてしまうと、人生でもすぐ投げやりになってしまう。また一度投げるくせがつくと、二度、三度、四度、と投げやすくなる」と語るトム・ワトソンの言葉が、まさしく全英オープンを物語っている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。