ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全米オープン
期間:06/16〜06/19 場所:コングレッショナルC.C(メリーランド州)

【GDO EYE】当てたら快挙!?今年の全米オープン優勝者は誰だ?

今年で第111回を迎える「全米オープン」は、ワシントンD.C郊外にあるコングレッショナルCCで開催される。例年と大きく異なることは、やはりタイガー・ウッズがいないということ。調子いかんに関わらず、常に優勝候補の一角に数えられるウッズの不在は、今大会の優勝者予想をさらに難しいものにしている。

振り返ってみると、08年の全米プロをパドレイグ・ハリントンが制してから、今年のマスターズまでのメジャー10試合は、毎回異なる選手が優勝を飾っている。また、現在の世界ランキングを見てみると、上位4人(ルーク・ドナルドリー・ウェストウッド、マーティン・カイマー、スティーブ・ストリッカー)のメジャー通算勝利数はわずかに1回。いくら調子が良くても、メジャーを勝つにはさらに別の要素が必要になってくるはずで、ランキング上位といえども、盤石の優勝候補と言えないのが実情だ。

<< 下に続く >>

彼らランキング上位のほか、全米オープンで過去5度の2位を誇るフィル・ミケルソンや、マスターズで初メジャータイトルをつかみ損ねたロリー・マキロイ、さらにダスティン・ジョンソンバッバ・ワトソンといった飛距離のある若手選手が、ビッグタイトルを虎視眈々(たんたん)と狙っている。

最近のメジャー大会では3日目まで首位をキープしながら最終日に失速して優勝を逃すパターンが少なくない。アーニー・エルスは言う。「大事なのは信じること。自分がトロフィーを掲げている姿を明確にイメージすること。日曜日の午後の表彰式まで、それはとてもとても長い道のりになる。たくさんのアップダウンに直面することだろう。だけど、最後まで今週が自分の週になると信じ続けることが大事なんだ」。

技術だけではない。メジャーで一番タフと言われる全米オープンは、精神力まで含めた総合力を試される試合なのだ。【メリーランド州ベセスダ/今岡涼太】

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!