ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/12〜08/15 ウィッスリングストレーツ(ストレーツコース)(ウィスコンシン州)

全米プロ最終日/タイガー「フラストレーション溜まった」

-最終ラウンドについて一言。

タイガー・ウッズ(2アンダー、24位タイ)
「昨日の夜、グリーンに水を撒かなかったんじゃないかな。グリーンが早かったし、硬かった。前日までとは違うコースだった。難しいパットが所々にあり、スコアを見れば分かるけど、皆ロースコアを出せていない」

「(大会の感想としては)勝てなかったことが残念です。ここに来るまでは非常に良いプレーをしていたのに。木曜日はショットは普通でも、パッティングに裏切られた。初日からいきなりピンチで、上位とは大分差が開いてしまった。それを全て取り戻すことができなかった」

-2年連続でメジャータイトルを逃した挫折感は?

タイガー・ウッズ
「そりゃ、苛立つよ。なぜなら勝てなかったから。それだけだよ。この大会に入るまでは好調だったのに、それを持続できなかったのが残念で仕方ない。フラストレーションが溜まる大会だった」

-ここに来るまでは良いプレーができていたのであれば、来年の「マスターズ」は今から待ち遠しいものですか?今年の冬は長く感じますか?

タイガー・ウッズ
「いや、それはない。大きなイベントが幾つかある。ワールドゴルフチャンピオンズが2つあるし、ザ・ツアー選手権、そしてライダーカップ。今まで通りにプレーできるて良い結果を残せることを願っているよ」

-練習に戻る時、どこを修正しますか?

タイガー・ウッズ
「パッティング。今週のパッティングはよくなかった。統計を見てくれ。今週通して200パットくらい打った気分だよ。スピードもラインも合ってなかった」

-このコースの難易度が分かったと思うのですが、もう一度挑戦してみたいと思いますか?

タイガー・ウッズ
「今度いつここに戻ってくるかは分からないけど、その時僕がまだ出場権があればいいけどね」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。