ニュース

米国男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

【GDO EYE】アジア勢最後の生き残り、ジェイディの強さ

「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」3回戦、石川遼の相手は、昨年度のアジアンツアー賞金王、タイのトンチャン・ジェイディ。昨年、今年と、1月に開催された「ザ・ロイヤルトロフィ」でアジア選抜のチームメイトだったこともあり、スタート前には談笑を交わすなど、和やかなムードの中でスタートを切った。

だが、試合が始まれば、22歳年下の石川に容赦ないプレーを見せつける。「最初の2ホールで良いスタートが切れた。今日は、とても良いゲームプランでプレーができた」。連続バーディ発進で2UPのリードを奪うと、その後もショット、パットともに安定感抜群。ミスを犯してもリカバリーが冴え、石川をまったく寄せ付けないプレーで圧勝した。

<< 下に続く >>

ジェイディにとって、今大会は意外にも初めての出場。「ザ・ロイヤルトロフィ」では欧州勢を相手にマッチプレー戦での強さを見せつけていたが、その実力を存分に発揮している。初出場でベスト8に進出したのは大会史上12人目。もし優勝すれば、第1回大会(1999年)の覇者ジェフ・マガートを除けば、最初の初出場での優勝者となる。

タイ王室の軍隊に属していたというジェイディは、プロゴルファーに転向したのが30歳を迎えた1999年。マッチプレーは精神力を問われる戦いとも言われるが、突出したマッチプレーの強さは、軍隊で忍耐強さを培ってきた賜物かもしれない。「軍隊での生活は私に全てを与えてくれた。私は悪いプレーをしても、決して腹を立てない。ゴルフは楽しいし、素晴らしい」。残り3試合とまだ折り返し地点だが、唯一残ったアジア代表として声援を送りたい。(編集部:塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!