ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

息子の"クオリファイ合格"にジェイ・ハース感無量

2006年の米国男子レギュラーツアー出場資格をかけた「ファイナルクオリファイ」。選手たちがホールアウトするたびに、トップ30位タイという"合格ライン"が10アンダーから11アンダーへと様変わりする中、16番まで9アンダーと遅れていたビル・ハース。6日間、ギャラリーとして付いて周った父、ジェイ・ハースはオロオロと心配顔で見守っていた。

ビル・ハース
「16番でミスからパーセーブが厳しい状態になった時、あのパーパットを決められたのがチャンスを開いてくれたね。まだなんとか11アンダーという合格スコアに残り2ホールでたどり付ける希望が持てたからね」

ジェイ・ハース
「自分の試合でも緊張はするけど、まったく違った緊張感で辛かったよ。最後のパットは入れば合格、入れなきゃ不合格という状態だった。まるで試合の優勝のかかったパットのようだったね。見ているだけというのは辛いものだよ。ただ祈ることしかできなかった」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!