ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ミケルソン絶好調の秘訣は?

昨年のライダーカップ直前にキャロウェイと新しく契約を結び、大事な大会を台無しにしてしまったフィル・ミケルソン。多くの批判を浴びせられていた。しかし年末のグランドスラムでは「59」を達成。2週間前の「FBRオープン」では2日目に「60」をマークし、結果キャリアベストの2位以下に5打差をつけて優勝。さらに先週はキャリア初の2週連続&完全優勝をあのスパイグラスでの「62」という快挙で獲得した。

一体ミケルソンに何が起きたのか?なぜこんなにも絶好調なのか?その理由は、ミケルソンの闘争心に火がついたからだ。タイガー・ウッズがゴルフ界全体のレベルを上げ、ビジェイ・シンがワークアウトが不可欠であることを証明、彼ら一流選手に引けを取らぬよう努めるには、ミケルソンにも多少の犠牲を払ってでも、彼らに追い付く秘策が必要だったのだ。

フィル・ミケルソン
「デイブ・ペルツとリック・スミスの2人に指導され、ギアの面でもプレーの面でも改善してきた。できあがったものを壊して新しいものに変えるのはリスクも伴いますが、そのリスクを払ってでも手に入れたい、さらに上のレベルのゲームがあったのです」

デイブ・ペルツ
「ミケルソンにはどんな場合にも得られるメリットの確立を教えます。彼はリスクとメリットの確立をしっかりふまえた上で、ギャンブルにでるのです。間違えば大きな痛手のリスクを負いますが、彼は賢いギャンブルをするのです。よって、得られたメリットも大きい」

◇04年最後の4試合と05年最初の4試合を比較
Par3でのスコア:04年は+8、05年は-3
Par4でのスコア:04年は+18、05年は-21
Par5でのスコア:04年は-14、05年は-33
平均パット数:04年は30.38、05年は28.08
優勝回数:04年は0回、05年は2勝目

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。