ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2024年 全米プロゴルフ選手権
期間:05/16〜05/19 場所:バルハラGC(ケンタッキー州)

シェフラーの“無罪”確定 検察が訴追取り下げ「犯罪の要件満たさない」

世界ランキング1位のスコッティ・シェフラーが2週前のメジャー「全米プロゴルフ選手権」(ケンタッキー州バルハラGC)期間中に渋滞を避けようとして警察官の制止を振り切ったなどして一時拘束された事件で、ケンタッキー州ルイビルの検察官は29日、シェフラーに対する全ての訴追を取り下げた。

シェフラーは2週前の17日、「全米プロ」2日目のコースへ車で向かう途中に停車を求める指示に従わずに加速し、対応した警察官のひざと手首に裂傷を負わせたとされた。手錠をかけられて拘束され、留置場で約1時間を過ごした後に保釈金なしで釈放となり、コースに戻って第2ラウンドをプレーした。

<< 下に続く >>

警察官への抵抗(第2級暴行)、誘導時の信号無視、無謀運転などの容疑に問われていたが、AP通信などによると、ジェファーソン郡のマイク・オコネル検事は「証拠を総合的に判断した結果、シェフラー氏に対する刑事訴追を進めることはできない。『大きな誤解』であったというシェフラー氏の主張は、証拠によって裏付けられる。シェフラー氏の行動、この誤解に関する2人のやり取りについての証拠は、いかなる犯罪の要件も満たしていない」と説明した。

前週23日に行われたルイビル市警の記者会見では拘束時の2本のビデオを含む予備調査の結果を発表したが、その時点でシェフラーに対する告訴は取り下げられないとの見解を示していた。訴追の取り下げを受け、ルイビル市警も「我々は検察官の決定、司法手続きを尊重する」と声明を出した。

シェフラーの弁護人のスティーブ・ロミネス氏は「この結果に満足している」とコメント。シェフラーもInstagramのストーリーズを更新し、「私は(対応した)ギリス巡査に悪感情は持っていません。この出来事を過去のこととして前に進みたいし、彼もそうしてくれることを願っている。警察官は難しい仕事であり、私は彼らに敬意を持っている。これは混沌とした状況下での深刻な行き違いでした」と記した。

関連リンク

2024年 全米プロゴルフ選手権



あなたにおすすめ

特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!