ニュース

米国男子FBRオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 FBRオープン
期間:02/02〜02/05 TPC of スコッツデール(アリゾナ州)

1日に16万人のギャラリー!アリゾナ州のFBRオープンで新記録達成

毎年たくさんのギャラリーが訪れる人気トーナメントのFBRオープンだが、2006年のトーナメントも大成功に終わった。ビッグドライブでギャラリーを喜ばせたJ.B.ホームスや地元アリゾナ州立大出身のフィル・ミケルソンがリーダーボード上位に絡み盛り上がった大会の1週間の総合計ギャラリー数はなんと53万6000人を上回る。最終日となる日曜日が一番ではなかった。理由はアメリカンフットボールのスーパーボールが行なわれていたため。

一番集ったのは3日目の土曜日。一日だけでなんと16万8337人のギャラリーがトーナメント会場を訪れた。FBRオープンを運営するフェニックス サンダーバードのチェアマンによると、試合会場となるTPCスコッツデールはあと10万人増えてもギャラリーを受け入れる体制ができていると話していた。ギャラリーの数が増えることによってチャリティーも昨年の580万ドルを上回る600万ドル(7億円)を寄付できそうだという。

タイガー・ウッズアーニー・エルスレティーフ・グーセンは中東ドバイ参戦で欠場となっていたが、大成功を収めたこのトーナメントを見習いたいという他の大会関係者は多いという。メジャー競技だとマスターズは練習ラウンドのみ抽選で連日4万人を受け付けるが、試合の4日間は古くからマスターズを支えている限定されたパトロンのみが観戦できる事になっている。

全米オープンは開催コースにもよるが、毎年売り切れるチケットは連日3.5万人から4万人のギャラリーを迎える。全英オープンのチケットは売りきれることなく販売される。昨年ジャック・ニクラスがセントアンドリュースで最後となった金曜日は5万人を越えるギャラリーが集ったという。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 FBRオープン




特集

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。