ニュース

米国男子WGC CA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2007年 WGC CA選手権
期間:03/22〜03/25 場所:ドラール・ゴルフリゾート&スパ(フロリダ州)

「WGC CA選手権」後の興味深いハナシ

タイガー・ウッズの勝利に終わった「WGC CA選手権」。タイガーの輝かしい功績に新たに記録が刻まれたわけだが、その影では、別の数々の話題が生まれていた。

タイガー・ウッズ記録の数々

<< 下に続く >>

・タイガーのドラール・ゴルフリゾート&スパとの相性の良さは今年も変わらなかった。過去20ラウンドで通算74アンダーのスコアを残している。先週の「WGC CA選手権」最終日の「73」がハイスコア、2005年の「フォード・チャンピオンシップ」で記録した「63」がロースコア。

パー5の1番ホールに関して言えば、20回中18回はイーグルまたはバーディに成功していて、直近の16ラウンドをアンダーパーで回っている。

・タイガーの世界選手権(WGC)での戦績は24戦13勝、2005年のNECインビテーショナル以来は6戦4勝と大舞台での強さを発揮し続けている。WGCでの通算獲得賞金も17,182,500ドル(約20億1000万円)となる。

逆に、3位タイに終わったセルヒオ・ガルシア。「WGC CA選手権」には8戦して6度目のトップ10入りを果たし、今季すでに3度目のトップ10フィニッシュ。堅実というべきか、勝負弱いというべきか…。

ガルシア同様、今季は堅実に上位に顔を出しているのがロバート・アレンビー。今季既に6度目のトップ10入りし、FedExCupポイントランキングでも14位から8位に上昇した。FedExランキングでまだ勝利せずに上位10名に入っているのがアレンビー、ジョン・ロリンズ(5位)、ジェフ・オギルビー(9位)の3名。

・先週の勝利でタイガーは自身初となる同大会6勝目(1999、2002、2003、2005、2006、2007年)を記録。8度の出場でトップ10外のフィニッシュは一度もない。

過去に同大会6勝以上した選手はサム・スニード、ジャック・ニクラウス、アレックス・ロス、ハリー・バードンなどの名プレーヤーたちだ。タイガーの通算56勝はPGAツアー史上5位の数字。4位は62勝を記録したアーノルド・パーマーだ。

片山晋呉、唯一の『快挙』

谷原秀人と共に先週の「WGC CA選手権」に出場した日本のエース、片山晋呉。初日から苦戦が続いたが、最終日出だしの1番でイーグルを奪い、この日の唯一のイーグルを記録した。

大会全体では12個目のイーグルとなったが、最下位の17オーバーでは楽観できる結果ではなかっただろう…。

●最終ホール『8』でもカルカベッキアがマスターズ出場!

今年の「PODS選手権」を優勝したベテラン、マーク・カルカベッキア。「WGC CA選手権」では優勝争いに絡むことはなかったが、来週の「マスターズ」出場をかけて熾烈な争いを演じていた。

「WGC CA選手権」終了時点で、PGAツアーの賞金ランキングトップ10にマスターズ出場権が与えられる。終盤のプレッシャーからか、カルカベッキアは最終ホールで池ポチャを含むダブルパーの「8」。

一方、追いかける立場だった「ホンダクラシック」の覇者、マーク・ウィルソン。カルカベッキアが「8」でホールアウトし通算4オーバー、32位タイでフィニッシュ。ウィルソンは追随するも通算1オーバーの25位。賞金の分配後、カルカベッキアがランキング9位を死守し、ウィルソンが12位で落選となった。

「今まで『8』を叩いた後にこれほど興奮したことはないよ!祝う準備はできているよ」とカルカベッキア。自身17度目のマスターズ出場。今年は地元アリゾナでマスターズウィークを過ごす予定だったが、急遽家族と愛犬までオーガスタに連れて行くと言う。

プロゴルファーであれば誰もが夢見る「マスターズ」の舞台。出ることに意義がある…そう感じている選手も少なくはないのだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 WGC CA選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!