ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2022年 全米プロゴルフ選手権
期間:05/19〜05/22 場所:サザンヒルズCC(オクラホマ州)

ショット「最悪です」 松山英樹はイライラため込むオーバーパー発進

2022/05/20 06:16


◇メジャー第2戦◇全米プロゴルフ選手権 初日(19日)◇サザンヒルズCC (オクラホマ州)◇7556yd(パー70)

「最悪です」。松山英樹は初日のショットの出来をひと言で切り捨てた。1バーディ、3ボギーの「72」で2オーバー。タフなコース相手に必死の粘りを見せても、最後まで納得の一打を繰り出せなかったことが許せない。

<< 下に続く >>

ティショットを左に曲げた13番(パー5)はラフから目の前の木を越えるギリギリの高さを出し、3打目でウェッジを握れる展開につなげたが、チャンスに絡められずガックリ。大きく左に引っ掛けた14番(パー3)で30ydの難しい寄せを下り傾斜に落として2m強に寄せたものの、ボギーが先行した。

左手前のピンに右からの傾斜で1.5mにつけた15番が最初で最後のバーディ。続く16番は右ラフから奥のバンカーにこぼし、3mのパーパットを打った瞬間に歩き出すボギー。グリーン上も、不満を抱えるショットをカバーするまでには至らなかった。

フェアウェイキープ率は50%(7/14)にとどまった。開幕2日前、首に痛みが出た影響こそ感じさせなかった一方、変化を加えるスイングのフィーリングは18ホールを通して納得がいかないまま。7番で3つ目のボギーをたたき、後半にかけての修正についても「最悪です」と同じ言葉を繰り返した。

左サイドのバンカーを越えてすぐの狭い面にピンが切られた17番など、初日からホールロケーションもシビアだった中、イライラが募る内容。過去9大会すべて決勝ラウンドへ進出している全米プロ。初日を終えた時点でのワーストは初出場した2013年の74位(2オーバー)だった。「いいプレーができるように」と2日目の巻き返しを期した。(オクラホマ州タルサ/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!