ニュース

米国男子AT&Tバイロン・ネルソンの最新ゴルフニュースをお届け

2022年 AT&Tバイロン・ネルソン
期間:05/12〜05/15 場所:TPCクレイグランチ(テキサス州)

ヒール役は御免? ムニョスが“ゴールデンボーイ”と最終日最終組

◇米国男子◇AT&Tバイロン・ネルソン 3日目(14日)◇TPCクレイグランチ (テキサス州)◇7468yd(パー72)

最終日最終組は地元ダラスのスター選手、ジョーダン・スピースの逆転優勝を期待する空気に包まれるかもしれない。そのスピースに1打差をつけて首位に立つセバスチャン・ムニョス(コロンビア)は、そんなムードを笑い飛ばす。

<< 下に続く >>

「ジョーダンはこの地における“ゴールデンボーイ”だから、みんな大好きなはず。僕にとっても良き友人だ。あしたはとても楽しくなりそうだね」

ムニョスもコースから50㎞ほどしか離れていないノーステキサス大で腕を磨き、現在はダラス近郊に拠点を構える立派なご当地選手。絶大な人気を誇る相手をリスペクトしつつ、2019年「サンダーソンファームズ選手権」以来となるタイトル獲得のチャンスを逃すつもりもない。

初日「60」のロケットスタート。2日目もライアン・パーマーデービッド・スキンズ(イングランド)に並ばれながら守った首位の座を、この日も譲らなかった。ティイングエリアが前に出された321ydの6番パー4で、ガードバンカーからチップインイーグル。「66」で通算21アンダーまで伸ばし、54ホール終了時点の大会レコードにあと1打と迫る195ストロークとして最終日を迎える。

プレーオフの末に優勝した「サンダーソンファームズ選手権」を含め、過去3度トップで迎えたラスト18ホールでは60台を出したことがない。「ベストを尽くすこと。それだけが僕にできることだ」。やはり伸ばし合い必至の最終日へ、ひるむことなく挑む。(テキサス州マッキニー/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 AT&Tバイロン・ネルソン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!