ニュース

米国男子AT&Tバイロン・ネルソンの最新ゴルフニュースをお届け

勝負のパットがカップをクルリ 小平智は1打届かず

2022/05/14 10:16


◇米国男子◇AT&Tバイロン・ネルソン 2日目(13日)◇TPCクレイグランチ (テキサス州)◇7468yd(パー72)

最終18番、小平智は思わず天を仰いだ。週末の切符を手繰り寄せるはずだった2mのバーディパットがカップの縁を1周するようにして外れた。通算4アンダー85位。カットラインに1打及ばなかった。

<< 下に続く >>

予選通過圏内で迎えた上がり4ホールはグリーン上に泣かされた。1mがカップに蹴られた15番(パー3)のボギーでカットラインまで後退すると、16番も手応えを残した3.5mのパーパットが外れた。

「最後は(カップに)なめられましたし、15番も完璧なところに打ったんですけど…16、17も思ったところには打っているんですけど…」。開幕前日に決まった滑り込み出場で事前の練習ラウンドもできていなかった。カップ付近の微妙な傾斜といった情報量の差は、ハイレベルな戦いほど結果に表れてくる。折り返しの9番(パー5)でイーグルを奪い、後半も出だし4ホールで3バーディ。一気に順位を上げていた中で悔しいフィニッシュとなった。

次戦は2週後の下部コーンフェリーツアー「NV5インビテーショナル」(イリノイ州ザ・グレンクラブ)を予定。フィールドの大きさなどにも影響されるため、次にPGAツアーの出場機会が巡ってくるのは「RBCカナディアンオープン」(6月9日~/カナダ・セントジョージズG&CC)が候補となりそう。同週の6日(月)には、やはりカナダで開催されるメジャー「全米オープン」の最終予選会をスケジュールに組み込むことも考えている。

流動的な日程にも下を向くことはない。「それも経験なので。自分が招いた結果ですし、(枠が下りてきたときに)PGAにこうやって出られるだけでもありがたい。コーンフェリーの試合もあることで、自分の中でいろいろ取り組めますから」。うまくなるため、はい上がるため、目の前の戦いに全力を尽くしていく。(テキサス州マッキニー/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 AT&Tバイロン・ネルソン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!