ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

勝率は? 松山英樹のプレーオフ戦歴を振り返る

2022/01/17 19:45


◇米国男子◇ソニーオープンinハワイ 最終日(16日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70)

1983年に青木功がPGAツアー日本人初優勝を遂げたハワイの地で、松山英樹が逆転優勝を果たした。昨年10月の「ZOZOチャンピオンシップ」に続く今季2勝目は、アジア勢最多に並ぶツアー8勝目。そのうちプレーオフの末につかんだ勝利は4勝にのぼる。松山のPGAツアーでのプレーオフ戦歴を振り返る。

<< 下に続く >>

■2014年 ザ・メモリアルトーナメント

最終日に2打差を追いつき、ケビン・ナとのプレーオフへ。1ホール目をパーで切り抜け、ジャック・ニクラスがホストを務める一戦でPGAツアー初優勝を手にした。日本人としては4人目、最年少22歳でタイトルを手にした。

■2016年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン

2年連続で最終日最終組となり、最終18番でそろってバーディを決めたリッキー・ファウラーとの一騎打ちに。PGAツアー屈指の観客動員を誇る大会の大ギャラリーから「USAコール」が飛び交う“アウェー”にも動じることなく、4ホールに及ぶ激闘を制した。

■2017年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン

ディフェンディングチャンピオンとして臨み、最終日に4打差を追いついた。ウェブ・シンプソンとの戦いは前年に続いて4ホール目までもつれたが、バーディで決着。大会連覇で日本人最多のPGAツアー4勝目に花を添えた。

■2021年 WGCフェデックス セントジュード招待

首位と9打差から出た最終日に「63」の猛チャージ。前週「東京五輪」でも銅メダルをかけたプレーオフまで残ったばかりだった。アブラム・アンセル(メキシコ)、サム・バーンズとの戦いに惜敗。日本での2試合を含め、ツアーでのプレーオフで初めて敗れた。

■2022年 ソニーオープンinハワイ

5打ビハインドとなったサンデーバックナインで底力を見せ、最終18番のバーディでラッセル・ヘンリーを捉えた。プレーオフでは3Wを振り抜いた2打目をピンそば1mにつけるスーパーショット。圧巻のイーグルでアジア勢最多に並ぶツアー8勝目を挙げた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!