ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

プロ初戦がPGAツアー! マンデー突破の石過功一郎とは何者か?

2022/01/13 18:00


◇米国男子◇ソニーオープンinハワイ 事前(12日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70)

大会前週の日曜日に行われたマンデートーナメント(予選会/ホアカレイCC)で出場権を手にした23歳の石過功一郎は、今大会がプロ初戦となる。昨年、日本のプロテストに合格。予選会は初めての経験で、通過したことに思わず「意味が分からんかった」と笑って喜んだ。

<< 下に続く >>

1998年生まれ、兵庫県出身。9歳のときに「ゴルフ好き」という父親の影響でクラブを握り、「なんだかよく分からない」うちに坂田塾に入門していた。2011年8月にノースカロライナ州のパインハーストで行われた「USキッズゴルフ世界選手権 12歳の部」で優勝し、ゴルフの道にのめり込んでいった。

「小学3年生のときは、やっぱり野球かサッカーをやろうとかも思っていた。打ちっぱなしとかに行くのは好きだったけど、まさか(坂田塾の)面接に行くとか。腕立て伏せをやったのは覚えているけど、よく分からないまま始まっていた」

高校3年生時に宮里美香今平周吾らを輩出したIMGアカデミーに留学し、そのまま米国に残った。ワシントン大に進学予定だったが、監督の移籍もあって2017年8月にアリゾナ州立大(ASU)に入学。3年半で卒業した。

帰国して、現在は兵庫県加古川市に拠点を置く。小野ゴルフ倶楽部でキャディをしながら、関西のミニツアーに出て腕を磨いている。一番の目標は「アメリカでプレーをする」こと。アジアンツアーや欧州ツアーの予選会(QT)も目指すつもりだったが、新型コロナウイルスの感染拡大で白紙に。「アリゾナでもミニツアーとかはある。ぱっと行って帰って来られたら行きたいけど…そこらへんが米国挑戦は難しい」と今は試合の場を求めて模索の日々だという。

日本ツアーは2014年にアマチュアで出た「カシオワールドオープン」のみ予選を突破しており、決勝では「ビリだった」と笑う。「緊張はめちゃくちゃするタイプ」と高ぶる気持ちを抑えながらのデビュー戦となるが、「緊張せんかったらダメですね。しっかり楽しんで。初めてのツアーで学ぶことはいっぱいあると思うけど、いつも通りひるまずにやっていけたら」と意気込んだ。(ハワイ州ホノルル/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!