ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

黒人初のマスターズ選手 リー・エルダーさんが87歳で死去

PGAツアーは28日、1975年に黒人として初めて「マスターズ」に出場したリー・エルダーさんが29日に死去したと発表した。87歳だった。

エルダーさんはテキサス州ダラス出身。74年にPGAツアー初勝利を挙げるなど4度優勝、PGAツアー・チャンピオンズ(シニア)で8度の優勝を果たした。

<< 下に続く >>

長年続いた人種の壁を打ち破り、1975年にマスターズ初出場。その後77年から81年まで5年連続で出場し、最高位は79年の17位だった。松山英樹が日本人として初めて制した2021年マスターズではジャック・ニクラスゲーリー・プレーヤーとともに名誉スターターを務めた。

PGAツアーのコミッショナー、ジェイ・モナハン氏はエルダーさんのパイオニアとしての人生を称え、「他の人々に大きな夢と達成への道を開いた。そのキャリアに深く感謝するとともに、彼のご家族に心からお悔やみを申し上げます」と述べた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!