ニュース

米国男子ZOZOチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

9番と17番を20ydずつ前に 小平智が感じた“PGAツアーらしさ”

2021/10/22 17:51


◇日米ツアー共催◇ZOZOチャンピオンシップ 2日目(22日)◇アコーディア・ゴルフ習志野CC (千葉県)◇7041yd(パー70)

コースには予報通りに冷たい雨が一日中降り続いた。雨に加え、気温11℃の寒さでは、どんなトッププロでも飛距離は落ちる。「71」で回った稲森佑貴は「(セカンドで持つクラブが)ふた番手くらい違った。僕の場合は、ほぼほぼウッドだった」と振り返る。

<< 下に続く >>

この日は9番と17番、2つのパー4でそれぞれ20ydずつティイングエリアが前に出された。日本のコースで開催されるトーナメントでありながら、天候に応じた柔軟な変更こそPGAツアーらしいと語るのは、小平智岩田寛といった経験者たち。小平は「こういう天候だと前に出したり、その辺の柔軟性がすごい」と話す。

486ydの左ドッグレッグとなる9番は、コーナー左サイドにバンカーも設置されている。「こういう天候だと、どうしても飛ばなくなるし、越えなくなるバンカーも出てくる。(ところどころで)晴れているときと同じようなところに行くようにセッティングして、いいショットが報われるようにというか、選手のモチベーションも上がります」

初日のフィールド平均スコア「70.321」に対し、この日は「70.745」。タフになったコースでも、要所で選手のアグレッシブなプレーを後押しするような工夫があるという。

「基本的に大っ嫌い」と苦笑する雨の中、小平は6バーディ、3ボギーの「67」をマーク。通算イーブンパー30位に順位を上げ、初日62位の出遅れを取り戻した。(千葉県印西市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ZOZOチャンピオンシップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!