ニュース

米国男子ツアー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹は自己ワースト→ベスト FWキープ悪化も減った“曲がり幅”

2021/09/04 07:19


◇米国男子プレーオフ最終戦◇ツアー選手権 2日目(3日)◇イーストレイクGC(ジョージア州)◇7346yd(パー70)

初日「77」と苦しんだ松山英樹が、この日のベストスコアに並ぶ「65」をマーク。前日より12ストローク少ないプレーで通算1オーバー26位タイに上がり、週末のさらなる巻き返しへ期待を膨らませた。

<< 下に続く >>

前日はラウンド後の練習も半ば切り上げる形で終了していた。「そこ(修正ポイント)が整理できていても、できていなくても、試合は試合(としてやってくる)。それがきょうはうまくいったって感じです」。短い時間でスイングの調整を完了させることは難しくても、自分の中で折り合いをつけてティイングエリアに立った。

2番(パー3)で3m弱を沈めてバーディ先行。4番ではわずかにフェアウェイを外れた1Wショットが深いラフに捕まり、2打目もグリーン手前にあるバンカーの右フチ近くに止まった。スタンスはバンカー内、腰ほどの高さにあるボールを真横に近い振りの軌道で1mに寄せてパーセーブ。アンラッキーをものともせず、続く5番からの3連続バーディにつなげた。

後半11番(パー3)で最初のボギーを喫したが、右奥のピンまでセカンドをしっかり突っ込んだ12番でバウンスバック。14番のボギーも、16番でフェアウェイバンカーから3mに絡めて時間をおかずに獲り返した。18番(パー5)もバーディで締め、7バーディ、2ボギー。「きのうと違って良いプレーができたかな」と借りを返した。

フェアウェイキープ率は前日42.86%(6/14)に対して21.43%(3/14)。数字の上では悪化した形でも、大きく曲げたホールは8番や10番など数える程度。「きのうより曲がり幅が減ったのは良かったと思う」と話したように、わずかに外れただけのシーンも多かった。

当地での自己ワーストから一転、「65」は2018年大会最終日と並ぶ自己ベストだった。「(スイングが)しっくりきていたら、フェアウェイに行くので」と納得いかない状態でも、8年連続最終戦出場の底力を示した。「まだ下の方なので、あしたも良いプレーができるように頑張りたい」と上だけを見て練習場へ向かった。(ジョージア州アトランタ/亀山泰宏)

2021年 ツアー選手権 2日目 松山英樹 ハイライト
2021年 ツアー選手権 2日目 松山英樹 ハイライト
この動画は日本国内のみで視聴が可能です。US
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ツアー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!