ニュース

米国男子WGCフェデックス セントジュード招待の最新ゴルフニュースをお届け

何かと物議かもすキム・シウー 今度は不名誉なツアーワースト記録

2021/08/10 15:02


◇世界選手権シリーズ◇WGCフェデックス セントジュード招待 最終日(8日)◇TPCサウスウィンド(テネシー州)◇7233yd(パー70)

東京五輪に韓国代表として出場して32位で終え、他の五輪戦士とともに連戦したツアー3勝のキム・シウーが、最終ラウンドで不名誉な記録をつくった。

<< 下に続く >>

大会コースの11番(155yd/パー3)は、小さいアイランドグリーンを狙う名物ホール。キムはなんと5つのボールを池に放り込んだ。最初のティショットがグリーン右に流れて池ポチャとすると、96yd先のドロップゾーンから放った4度のショットもすべて池へ。11打目はグリーン後方のラフに落ちたものの、チップショットで寄せてこれを沈め、なんとか「14打」を免れた。

PGAツアーによると、11番での「13」はTPCサウスウィンドでワースト記録。1983年から残る記録としてはメジャーを除くツアーで、2012年「トランジション選手権(現バルスパー選手権)」(フロリダ州イニスブルックリゾート)最終日の5番(パー3)で「13」をたたいたチャーリー・ウィ(韓国)以来のワースト記録という。

キムといえば、今年4月のメジャー「マスターズ」の大会2日目にパターを破壊して、3Wでパッティングしたり、翌週の「RBCヘリテージ」3日目にカップのふちに止まったボールを60秒以上待ったり、と何かと物議をかもしてきたが、今回ばかりは記憶ではなく、記録が残ることに。

結局、64位から出た最終日は「78」で回り、通算13オーバーで最下位65位。2017年に、同じアイランドグリーンの17番が名物のTPCソーグラス(フロリダ州)を攻略して「ザ・プレーヤーズ選手権」を制したキムにとって、似たようなコースだっただけに悔しい結果となった。

その後、同大会に出場していたケビン・ナのインスタグラムに笑顔で写真に納まる姿があった。ナも過去にテキサス州TPCサンアントニオで行われた米ツアー「バレロテキサスオープン」初日に9番パー4で「16打」をたたいた記録を持つ。文章には「このフライトにはパー5の記録を持つジョン・デーリーが必要だ」と粋な投稿がされていた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 WGCフェデックス セントジュード招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!