ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 全英オープン
期間:07/15〜07/18 場所:ロイヤルセントジョージズGC(イングランド)

「壊せるものはあるかい?」 惜敗スピースは“必勝パターン”逃してご立腹

◇メジャー第6戦◇全英オープン 最終日(18日)◇ロイヤルセントジョージズGC(イングランド)◇7189yd(パー70)

ジョーダン・スピースは4日連続の60台となる「66」で回るも、コリン・モリカワに2打及ばず2017年「全英オープン」に続くメジャー4勝目を逃した。267ストロークは16年のフィル・ミケルソンと並ぶ2位の大会最少スコアでもあった。

<< 下に続く >>

出だし6ホールで2つ落とした最終日の序盤以上に、最終日最終組を逃した3日目のプレーを悔やむ。一時は首位に並びながら、3パットの18番を含め上がり2連続ボギーでパッティンググリーンへ直行した前日。レンタルハウスに帰ると、思わず「なにか壊せるものはあるかい?」と口走るほど感情が波立っていたという。

「最終組に入れば、後続のグループの誰かに抜かれる心配もなくなるし、自分でコントロールできるんだ。特に簡単なコンディションのときはね。風や雨が吹いていたら別だけど、(穏やかな天候だった)きょうはそういうわけにもいかなかった」

これまでのメジャー3勝を振り返っても、15年「マスターズ」と17年「全英オープン」が単独首位からの逃げ切り。15年「全米オープン」だけが4人が並ぶ首位タイで、最終日最終組の1組前でのプレーだった。

自分への恨み節を連発した後はモリカワを素直に称えた。メジャーはキャリアを通して出場8試合で2勝。かつて10試合で2勝を挙げた自らをしのぐ勢いでタイトルを積み重ねている。

「彼は24歳だったかな?間違いなく、明るい未来が待っているよ。興味深いのは、3万5000人の観衆の中で最後までリードを保ったことだ。初めての全英だったわけだし、ほかの優勝はほとんど無観客で行われていたものだからね。大観衆の中でのプレーは難しいんだ。彼にはどんな困難な状況にも対応できるポテンシャルとゲームメーク、そして頭脳がある」と褒めちぎった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!