ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 全英オープン
期間:07/15〜07/18 場所:ロイヤルセントジョージズGC(イングランド)

木下稜介は浮上できずも…丸山流バンカーショットに喝采

2021/07/18 06:05


◇メジャー第6戦◇全英オープン 3日目(17日)◇ロイヤルセントジョージズGC(イングランド)◇7189yd(パー70)

初めてのメジャーで日本勢唯一の予選通過を果たした木下稜介は、ムービングサタデーのピン位置に舌を巻いた。「初日、2日目はそこまでピンポジ(自体)は難しくなかった。この中でもスコアを伸ばせないと、こちらでは上位争いができない」。2バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「72」をしっかりと受け止めた。

<< 下に続く >>

2番で下りの長いバーディトライが思った以上に左へ切れ、3パットボギーが先行。4番もパターでの寄せをショート。「グリーンに乗っても、つけるところ次第で2つくらいのマウンドを越えて、すごく曲がるラインについてしまう。(ショットの)距離もしっかり合わせていかないと、まずチャンスにつかない」と振り返る。

7番(パー5)では1Wショットが左の深いラフへ。大捜索の末にようやくボールは見つかったものの、2打目は出すだけ。4オン3パットのダブルボギーで5オーバーまで後退した。それでも後半は粘りのプレー。10番で3mのチャンスを生かして最初のバーディとすると、14番(パー5)も安定したショットのつなぎで手前のカラーまで運び、タップインバーディを奪った。

見せ場は16番(パー3)。最終組のティオフまで6時間近くある午前10時スタートながら、すでにスタンドは満員。「盛り上げたくてピンを狙った」と果敢に攻めた。ピン奥の「一番入れてはいけない」バンカーに落としたが、そこからのリカバリーが完璧だった。近いピンに向かって下るバンカーショットをピッタリと寄せ、拍手喝采を浴びた。

13番でもパーセーブに成功したバンカーは、もともと苦手としていた。2年前の国内男子ツアー「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」の会場で、丸山茂樹にレッスンを依頼。「うまい人に聞くのが上達への一番の近道。緊張したけど、勇気を持って質問したら、プレーが終わってからだったのに、40分くらいみっちり教えてもらった」。軸の意識、フェースを開いて緩まずにしっかり打つ、といったポイントは今も忘れずに実践している。

トータル3オーバー64位と浮上はならず、悔しさは募る。「あしたは意地でもアンダーで。1打でもいいスコアで上がれるように」。高い壁に挑んでいく。(イングランド・サンドウィッチ/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!