ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 全米オープン
期間:06/17〜06/20 場所:トーリーパインズGC(カリフォルニア州)

6日連続のチキンサンド 7年ぶりメジャーVへマキロイのゲン担ぎ

◇メジャー第5戦◇全米オープン 3日目(19日)◇トーリーパインズGCサウスC(カリフォルニア州)◇7652yd(パー71)

首位と2打差の通算3アンダー4位タイに浮上したロリー・マキロイ(北アイルランド)。3日連続のバーディを奪った最終18番(パー5)のプレーには一層気合が入る。今週はこの18番グリーンを一望できるロッジに滞在。妻のエリカ・ストールさん、昨年生まれた愛娘のポピーちゃんが見守ってくれている。

<< 下に続く >>

宿に帰ってからの楽しみがもうひとつある。「5日連続、ルームサービスで同じチキンサンドを食べているんだ。6日連続で食べようかなと思っているよ」。ロティサリーチキン、アボカド、サンドライトマトにニンニク入りのマヨネーズ…2014年「全米プロ」を最後に遠ざかるメジャータイトルへ、まずはゲン担ぎの勝負メシで英気を養う。

5バーディ、1ボギーで、この日ベストタイの「67」。2番のバーディから7ホール連続でパーを並べて折り返すと、後半のプレーが圧巻だった。10番、12番を獲って迎えた13番(パー5)、残り260ydのセカンドがピンを直撃。「旗に傷がついてしまった。でも(キャディの)ハリーは今年一番のショットだと言っていたよ」。右に大きくはじかれたものの、2パットのバーディにつなげた。

唯一スコアを落とした15番も1Wショットを左へ大きく曲げ、アンプレヤブルにした末のナイスボギーに拳を握った。「世界でたった一つ、ボギーでガッツポーズする大会なんだ」。ピンに近い左のバンカーに打ち込みながらパーセーブした16番(パー3)、バーディ締めの18番と勢いを保ったまま最終日を迎えることに成功した。

2年ぶりの優勝を飾った「ウェルズファーゴ選手権」最終日は「母の日」の5月第2日曜日だった。今度は「父の日」に当たる6月の第3日曜日。「数週間前の母の日は、とても良い日になった。父の日にも同じような結果を残せることを期待しているよ」。父になって初めてのメジャー優勝しか見ていない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 全米オープン




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!