ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 全米オープン
期間:06/17〜06/20 場所:トーリーパインズGC(カリフォルニア州)

約2カ月の戦線離脱 マシュー・ウルフ「少し時間が必要だった」

◇メジャー第5戦◇全米オープン 3日目(19日)◇トーリーパインズGCサウスC(カリフォルニア州)◇7652yd(パー71)

大会3日目を終えて首位と3打差6位につけるマシュー・ウルフ。昨年大会(9月開催)でブライソン・デシャンボーに敗れて2位となったが、それから現在に至るまでは波乱万丈の道のりだった。

<< 下に続く >>

今年1月の「ファーマーズインシュランスオープン」では初日に「78」をたたいて途中棄権。2月末の「WGCワークデイ選手権」も初日「83」のあとに棄権をし、4月の「マスターズ」では2日間で11オーバーという予選落ちのスコアだったが、過少申告により失格となってしまう。2週間後の「チューリッヒクラシック」で予選落ちとなると、それからしばらくツアーを離れ、今大会が約2カ月ぶりの復帰戦となっている。

2019年6月にプロ転向し、同年にツアー4戦目で初優勝。フル参戦2シーズン目の22歳は「完璧であろうとして、一生懸命になり過ぎた」と、その理由を明かした。「自分自身にプレッシャーをかけ過ぎていたと思う。しばらくツアーを離れるという決断は、僕のようなキャリア1、2年目の新人にとっては難しい決断だったし、離れたくもなかった。それに、そうできるとも思わなかった。だけど、あまりに悪い成績が続いたので、少し時間が必要だと思ったんだ」

女子テニスの大坂なおみを発端として、アスリートのメンタルヘルスがクローズアップされている現在。一般人よりも多くのストレスや緊張にさらされるプロアスリートの一人として、ウルフも同様の問題に自らのやり方で対処している。

「メンタルヘルスはとても大切で、たとえ個人的な問題であろうと、良いプレーができないとか、楽しめないとか、家族のことやなんであろうと、人生において自分がハッピーでいることはとても重要なことなんだ。常に良いプレーをしていなくちゃいけないっていうことはなく、もちろん、そうありたいし、いつもファンを喜ばせたいと思っているけど、ツアーを離れていればいるほど、もっと自分を楽しんで、幸せでいることが大切だって分かってきたんだ」

そんな中、首位と3打差で迎える「全米オープン」最終日。ウルフは「幸せな気分で楽しみ、ポジティブでいること」を戦略に掲げている。

「今日も何回も先のことを考えて、イライラしてしまうことがあったけど、特にこの全米オープンは他のどの試合よりも、72ホール目の最終パットが決まるまで、優勝者は分からないんだってキャディと会話を続けてきた。自分は今、良い位置にいる」

この日の「73」はもう過去のこと。最終日の18ホールに再び新鮮な気持ちで挑んでいく。(カリフォルニア州ラ・ホヤ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 全米オープン




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!