ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 全米オープン
期間:06/17〜06/20 場所:トーリーパインズGC(カリフォルニア州)

序盤4ホールで+6も週末へ 松山英樹「最後に気付いたことがある」

2021/06/19 12:10


◇メジャー第5戦◇全米オープン 2日目(17日)◇トーリーパインズGCサウスC(カリフォルニア州)◇7652yd(パー71)

ほんのり温もりのある空気に包まれた早朝のトーリーパインズ。首位と2打差の5位から出た松山英樹は、序盤4ホールで6打落とすバタバタにも、5ホール目以降は1アンダーと巻き返し、この日5オーバー「76」。通算3オーバー41位で、まずは決勝ラウンドへと駒を進めた。

<< 下に続く >>

松山らしくないスタートだった。10番スタートの2日目は、フェアウェイからの2打目をグリーン奥のラフに外したが、そのショット時に、腰のベルトが壊れる(バックルが外れる)アクシデント。3打目のロブショットはベルトを外した状態で打ち、グリーンに届かずラフ。4打目も同じくラフから突っかかってファーストカット止まりで、5オン1パットのダブルボギーの出だしとなった。

幸い、ベルトは修理ができて4打目以降から再び腰に巻いてラウンドを続けたが、“バタバタ”の余韻は続き、ダボ、ボギー、ダボ、ボギーという4ホール。「まあ、流れが悪かったと言えばそれまでだけど、自分の思っていたショット、パットが打てずに過ぎていって、なんとか持ち直そう、持ち直しそうだなと思ったところでミスが続いたラウンドだった」と振り返った。

それでも、5ホール目の14番で3mを沈めてこの日最初のバーディを奪ってからは、パーを拾いながら、18番(パー5)で2オンに成功して2つ目のバーディ奪取。後半は2番のボギー1つに抑え、上がりの8、9番は決めきれなかったものの、連続してバーディチャンスを演出した。

「(ショット、パットは)悪いと思ってスタートはしていないけど、途中からうまくいかなくなって、最後にすこし気付いたことがある。それが明日うまくできれば」と、この日のラウンドを総括した松山。大会は4日間72ホールで競われる。ムービングデ―の3日目にイーブンパー前後までスコアを戻せば、まだ上位争いも可能な位置だ。「昨日みたいに良いプレーができれば、まだチャンスがあると思うのでがんばりたい」と、全米制覇に向けた闘志もまだ消えてはいない。(カリフォルニア州ラ・ホヤ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 全米オープン




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!