ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 全米オープン
期間:06/17〜06/20 場所:トーリーパインズGC(カリフォルニア州)

星野陸也は「ボギーを打つ勇気」を持って週末へ

2021/06/19 12:30


◇メジャー第5戦◇全米オープン 2日目(17日)◇トーリーパインズGCサウスC(カリフォルニア州)◇7652yd(パー71)

初日に残した4ホールに、第2ラウンドを加えた計22ホールをこなした2日目の星野陸也。再開後の第1ラウンドは2バーディを奪って通算2アンダーとしたものの、第2ラウンドは4バーディ、5ボギー1ダブルボギーの「74」で通算1オーバー21位へ後退。「後半、急に微妙な計算が合わなくなってショットがぶれ始めて、苦しい展開になってしまった」と、メジャー仕様の過酷なコースセッティングに、ホールアウト後は疲労の色を隠せなかった。

<< 下に続く >>

早い時間は順調なゴルフだった。前日残した3mのパーパット(6番)は、スタート前のパッティンググリーンで予行演習した効果もあり、きっちり沈めてパーセーブ。8番、9番と連続バーディで再開後の第1ラウンドを締めくくった。

直後の第2ラウンドも、2番でダブルボギーが先行したが、3番(パー3)、6番、8番(パー3)とバーディを重ねて、一時は首位に迫る通算3アンダーまでスコアを伸ばした。だが、流れが変わったのは後半10番。ラフからの2打目、そして3打目と「ラフの抵抗に持っていかれてハーフシャンクみたいになった」とボギーをたたくと、11番は1.8mのパーパットがカップに蹴られ、13番は3パット。さらに、16、17番もボギーとして通算2オーバーへスコアを落とした。

「たぶん、ラフに何回も行くと、ラフから打つことで右手(に力)が入っちゃって、それがティショットにも影響してくる」と星野は言う。17番はティショットが右サイドの深いラフへ。なんとか90yd先の左ラフまで持っていったが、「手に余韻が残っている感じで、パワーが残ったまま打って、奥のラフまで行ってしまった」と、3打目はグリーンオーバー。続く18番の1Wショットも「ラフの名残があってチーピンした」と、その影響を引きずった。

それでも、レイアップ後の3打目を手前1mにつけてバーディで長い1日を締めくくり、「途中、ボギーが続いてちょっと疲れちゃったけど、最後のバーディでまた元気になりました」と、決勝ラウンドへの弾みもつけた。

「自分の中ではずっと、“ボギーを打つ勇気”を心掛けていた。今日もパーを狙いたいっていう気持ちが出て、何回もダボになりかけたけど、なんとか1つに収められた。我慢していればバーディも来ると思うので、しっかりと“ボギーを打つ勇気”を持って、ダボを打たないようにしたい」と決勝ラウンドを見据えた。(カリフォルニア州ラ・ホヤ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 全米オープン




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!