ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:06/03〜06/06 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

2021年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:06/03〜06/06 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

新型コロナで首位から棄権 ラーム「人生ではあり得ること」

◇米国男子◇ザ・メモリアルトーナメント 3日目(5日)◇ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)◇7543yd(パー72)

後続に6打差をつけて首位でホールアウトした直後に、新型コロナウイルス感染を通達され途中棄権したジョン・ラーム(スペイン)が自身のツイッターでコメントを寄せた。「メモリアルトーナメントで途中棄権するのは本当に残念」と悔しさをにじませつつ、「これも人生であり得ることのひとつ。挫折に対してどう反応するかは人間性を問われる瞬間でもある」と前向きな姿勢を見せた。

<< 下に続く >>

ラームは5月31日(月)に陽性者との濃厚接触者に認定され、無症状ながらPGAツアーの規則に従い、場内での施設利用を制限しながら、毎日検査を受けることで大会に出場していた。5日(土)のスタート前の検査で陽性となり、「64」をマークした第3ラウンド後に棄権を余儀なくされた。

今後は米疾病対策センター(CDC)のガイドラインに沿って、15日(火)まで自主隔離を行う。17日(木)にはメジャーの「全米オープン」が開幕。「家族に感謝しているし、僕は大丈夫。安全と健康に必要な予防措置をする。できるだけ早くコースに戻れることを望んでいる」。今年の全米オープン会場であるカリフォルニア州トーリーパインズGCは、ラームが2017年「ファーマーズインシュランスオープン」でPGAツアー初勝利を飾ったコースだ。

ラームが棄権する前に6打差の2位にいたコリン・モリカワパトリック・カントレーが繰り上がりで首位になった。「支えてくれる全てのファンに感謝している。みんなと一緒に明日の午後の決着を見るのを楽しみにしているよ」と最終日も変わらぬ声援を呼び掛けた。(オハイオ州ダブリン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!